日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 長瀬智也のドラマ初回が壮絶爆死

韓流リメイクドラマに拒否反応強し! 長瀬智也『ごめん、愛してる』初回がよもやの“壮絶爆死”

韓流リメイクドラマに拒否反応強し! 長瀬智也『ごめん、愛してる』初回がよもやの壮絶爆死の画像1TBS『ごめん、愛してる』番組公式サイトより

 TOKIO・長瀬智也が主演するTBS日曜劇場『ごめん、愛してる』が9日、25分拡大でスタートしたが、平均視聴率は9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、2ケタに乗せられぬ“壮絶爆死”となった。同枠ドラマの初回が1ケタ台に甘んじたのは、昨年1月期の香取慎吾主演『家族ノカタチ』以来、1年半ぶりだ。

 フジテレビ系のライバルドラマ、渡部篤郎主演『警視庁いきもの係』がまるで注目を集めていなかっただけに、『愛してる』は圧勝とみられていたのだが、いざフタを開けてみれば、『いきもの係』は8.9%をマーク。結果的に、両ドラマはまさかの僅差の争いとなったのだ。

『愛してる』は、2004年に韓国KBSで放送され大ヒットしたドラマで、舞台を日本に置き換えて制作されている。ただ、初回の序盤から中盤まではソウルが舞台で、セリフの大半は韓国語。韓流リメイクドラマというだけで拒否反応を示す人が少なくない中、それを前面に打ち出した展開に、『いきもの係』に流れた視聴者も少なくなかったようだ。

「韓流ブームの頃ならともかく、なぜいま韓国ドラマのリメイクなのか? しかも、この枠でラブストーリーというのは違和感ありすぎです。『日曜劇場』ではなく、『金10』枠あたりが適切だったのでは?」(テレビ誌関係者)

 日曜劇場は、『半沢直樹』『下町ロケット』のようなビジネスドラマ、前クールの『小さな巨人』のような硬派なドラマが主流で、コアなドラマファン、男性が主たる視聴者層。同枠で韓流リメイクのラブストーリーは、少々無理があったかもしれない。

 ただでさえ「数字を持っていない」とされる長瀬にとっては、正念場となりそうな気配だ。ヒロインには吉岡里帆、3番手には坂口健太郎というブレーク中の若手2人が起用されているが、この2人でどれだけ視聴者を引っ張れるかがポイント。主演の長瀬にとっては他力本願にならざるを得ない状況だが、結果が出ないとなると、確実に“低視聴率男”の烙印を押されることとなる。

 一方、『いきもの係』もドラマ自体の評価は芳しくなく、連ドラ初ヒロインとなる橋本環奈の人気に頼らざるを得なくなりそう。今期の「日9」は、低レベルの争いになりそうだ。
(文=田中七男)

最終更新:2017/07/11 17:00
こんな記事も読まれています

韓流リメイクドラマに拒否反応強し! 長瀬智也『ごめん、愛してる』初回がよもやの“壮絶爆死”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

英語のプロに聞く、英語学習法

TOKIO・長瀬智也が主演するTBS日曜劇場『ごめん、愛してる』が9日、25分拡大でスタ...
写真