日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 乃木坂46、パワーバランス崩壊

パワーバランス完全崩壊……乃木坂46の“3期生センター”抜擢は「終わりの始まり」?

0713_nogizaka.jpg

 乃木坂46が8月発売のシングルの選抜メンバーを発表し、3期生の大園桃子と与田祐希がWセンターを務めることが判明。しかし、乃木坂ファンの反応は冷ややかだ。

 2年連続でNHK『紅白歌合戦』に出場し、いまや勢いではAKB48をしのぐとまでいわれている乃木坂。7月9日深夜放送の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で行われた選抜メンバー発表では、大きなサプライズがあった。昨年9月にオーディションに合格したばかりの3期生が、Wセンターに大抜擢されたのだ。芸能記者が語る。

「乃木坂はこれまで毎回、シングルの選抜メンバーを冠番組内で発表してきました。今回も一人ずつ選抜メンバーの名が読み上げられ、最後に大園と与田が呼ばれましたが、2人とも喜びの表情は一切なく、ただただ呆然とするばかり。これまで乃木坂は17枚シングルを出していますが、センターに起用されたのは、7枚目のシングルの堀未央奈を除いてすべて1期生なので、急激に世代交代が進んだ形です。もともとルックスではAKBを上回る乃木坂ですが、3期生の中では山下美月が1番人気だといわれていました。その山下ではなく、大園と与田をセンターに持ってくるあたりに、乃木坂の層の厚さを感じます」

 乃木坂は2011年にグループが誕生し、今夏で7年目に突入。そろそろ次の世代にバトンを渡してもおかしくはないが、今回の3期生の大抜擢では、人気絶頂期でありながら乃木坂が慢性的に抱える問題点が浮き彫りになったようだ。

「乃木坂は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥、生田絵梨花ら1期生が美形ぞろいで、2期生が選抜メンバーにまったく入れない状態が長年続いてきました。2期生で常に選抜メンバーに入っているのは堀未央奈ぐらい。一度も選抜に入ったことのないメンバーが、2期生の過半数を占めています。いくら人気があるとはいえ、西野は23歳で、白石に至ってはこの8月で25歳。いつ卒業してもおかしくない年齢です。運営側が、このあたりで大幅に若返りを図ろうと考えるのは当然でしょう」(同)

 しかし3期生の抜擢には、ファンの不満も多いようだ。アイドルウォッチャーが語る。


12
こんな記事も読まれています

パワーバランス完全崩壊……乃木坂46の“3期生センター”抜擢は「終わりの始まり」?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

売れっ子おじさん俳優・川瀬陽太の素顔

 俳優が売れるか売れないかは、大きな事務所に所属しているかどうか次第。長い間、ずっと...…
写真