日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 窪田正孝主演ドラマは成功するか

7.9%スタートの窪田正孝主演『僕たちがやりました』9時台で「不快な人間を見せる」という試みは成功するか

7.9%スタートの窪田正孝主演『僕たちがやりました』9時台で「不快な人間を見せる」という試みは成功するかの画像1関西テレビ『僕たちがやりました』番組公式サイトより

 エログロ、陰惨、登場人物はクズだらけ……でも、ちょっと爽快な原作コミックを映像化したカンテレ制作の「火9」ドラマ『僕たちがやりました』も、18日からスタート。第1話の視聴率は7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、ややコケな数字でした。9時台としては、最近では珍しいくらいの不快な暴力描写なんかもあって、途中離脱した視聴者も少なくなかったと想像します。不良高校生・市橋(新田真剣佑)の喫煙シーンなんて、例の「BPナントカO」あたりに「けしからん!」的な御意見が殺到しそうです。

 物語の主人公は「人生そこそこでいい」と考え、特にやりたいことも夢もない凡下(ボケ)高校の2年生・トビオ(窪田正孝)。彼女もいないし童貞ですが、とりあえずエロDVDを見て、毎日そこそこ楽しく生きているようです。そんなトビオといつも一緒に遊んでいるのが、ヤリチンモテ男の伊佐美(間宮祥太朗)と、キノコ頭のヒヨワ男子・マル(葉山奨之)という2人の同級生。そして、この3人の高校生活を「そこそこ楽しい」たらしめているのが、すでに凡下高を卒業しているのに、3人が所属するフットサル部(主に部室でエロDVDを見るなどの活動をしている)の部室に入り浸っているパイセン(今野浩喜)です。

 パイセンは20歳ですが、働いていません。親が大金持ちらしく、真っ白な高級BMWで凡下高に通っては、後輩3人と連れ立って「トランプしようや!」「金ならあるんや!」「カラオケや!」「ボウリングや!」と、楽しくやっています。ほかにこの男を相手にしてくれる友達もいませんし、3人もパイセンの金が好きなだけで、パイセン本人が好きなわけじゃないようです。パイセンはそんな3人の気持ちも薄々わかっていますが、ほかにやることがないのでしょう、毎日彼らを誘っては、湯水のようにお金を使ってスポッチャに通っています。

 ところで、凡下高から道路を挟んで向かい側には、矢波(ヤバ)高校という、いかにもヤバイ高校があります。その中でも、とりわけヤバイのが冒頭で記した市橋という生徒が仕切っているグループ。たまり場にしている倉庫を「矢波高コロシアム」と名付け、そこらへんの弱っちい男子高校生を拉致してきては、素手で殺し合わせるというヤバさです。

 ある日、凡下高の3人とパイセンは、いつものようにスポッチャで楽しく遊んでいました。すると、トイレに立ったキノコ頭のマルが、市橋一派に拉致されてしまいます。コロシアムには、すでに、ひと目でそれとわかるマルの対戦相手が用意されていました。その名も、ウンコ(加藤諒)。キノコとウンコは、殺し合いを命じられます。市橋いわく「3分で決着がつかなければ、両方殺す」と。いやー、不快です。趣味が悪い。

 ウンコはウンコなりの卑怯な手を使ってキノコを殺しにかかりますが、どうにもケンカ慣れしていない2人。決闘はグダグダになりつつ、キノコが馬乗りでパウンドを連打し、不器用なフロントチョークを繰り出してウンコがタップ。見事、決着が付きました。両手を上げて、雄叫びを上げるキノコ。

 しかし、市橋は納得しません。「まだ死んでねえぞ」と、さらなる首絞めを要求。怖いので従うしかないキノコはウンコを失神させて完全勝利を収めると、「帰っていいぞ」という許可を得ました。しかし次の瞬間、そこらへんで懸垂運動をしていたマッチョマンが「ちょっと待った!」と登場。「初めて会ったときから殺したいって思ってました!」と熱烈な告白をして、結局マルはボコボコにされてしまいました。

 マルがそんなことになっているとも知らず、ローラースケートに興じながら光GENJIの往年の名曲を熱唱したり、カラオケで郷ひろみの往年の名曲を熱唱したりしていたパイセンとトビオ、伊佐美でしたが、大満足して帰ろうとしたらBMWの前に大きな段ボール箱が置いてあります。パイセンは「サプライズか!?」と喜びますが、箱の中身はボコられたマルでした。向こうでは市橋ら、矢波高の連中がゲラゲラ笑いながらバイクで去っていきます。

「あいつら殺そう、俺たちで」

 そこそこ楽しければそれでよかったトビオが、そんなことを言い出すのでした。ここまでが冒頭のネタ振り。いわゆる導入部分です。


123
こんな記事も読まれています

7.9%スタートの窪田正孝主演『僕たちがやりました』9時台で「不快な人間を見せる」という試みは成功するかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

いま注目の若手No.1芸人登場!

エログロ、陰惨、登場人物はクズだらけ……でも、ちょっと爽快な原作コミックを映像化したカン...
写真