日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 巨人・山口投手“泥酔暴行”の真偽

まるで「暴力団巨人組」だ……山口俊投手の“泥酔暴行”球団内の「誰も知らなかった」は本当か?

 巨人は当面、山口の起用を自粛する方針だが、今季は球団ワースト記録となる13連敗を喫するなど不調にイラ立つファンからは「解雇しろ」との厳しい声も少なくない。何しろ「紳士の球団」のはずが、近年は不祥事だらけ。福田聡志、笠原将生、松本竜也の所属3選手の野球賭博問題が発覚したほか、OBの清原和博は覚せい剤の所持、使用で有罪となった。同じくOBの越智大祐は結婚詐欺疑惑が報じられ、原辰徳前監督に至っては、暴力団関係者に脅されて1億円を払ったという報道をめぐり、球団側が名誉毀損訴訟を起こすも敗訴。立て続けに明らかになる不祥事に、記者たちからは「まるでヤクザ球団」などと言われてしまっている。

 山口については昨年11月、夕刊フジが「紳士の球団の一員になる前の“身体検査”は大丈夫か」と警鐘を鳴らしてもいた。記事では古巣から「酒を飲んで問題を起こすタマじゃないが、気がいいから脇が甘いところがある」という心配の声があったことを紹介。さらに、6月に覚せい剤取締法などで逮捕された元俳優・高知東生との親交も指摘。実際には「酒を飲んで問題を起こすタマ」だったわけだが、ほかにもトラブルの火種がくすぶっているような要注意人物という見方があったわけだ。

 山口の事件を受けて、記者たちに過去の不祥事もひとまとめにされ「暴力団巨人組」などと呼ばわれてしまっている現状を見ると、もし山口が起訴などされなかったとしても、そう簡単には復帰は許されない可能性もある。
(文=片岡亮/NEWSIDER)

最終更新:2017/07/22 18:00
12
こんな記事も読まれています

まるで「暴力団巨人組」だ……山口俊投手の“泥酔暴行”球団内の「誰も知らなかった」は本当か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

『シンゴジ』以降の主流なき邦画界

不祥事が相次ぐプロ野球・読売ジャイアンツの選手が、今度は泥酔暴行事件を起こした。 事件を...
写真