日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 巨人・山口投手“泥酔暴行”の真偽

まるで「暴力団巨人組」だ……山口俊投手の“泥酔暴行”球団内の「誰も知らなかった」は本当か?

まるで「暴力団巨人組」だ……山口俊投手の泥酔暴行球団内の「誰も知らなかった」は本当か?の画像1読売ジャイアンツ公式サイトより

 不祥事が相次ぐプロ野球・読売ジャイアンツの選手が、今度は泥酔暴行事件を起こした。

 事件を起こした山口俊投手は11日未明、都内の病院でドアを破壊した上、警備員に暴行していた疑いが持たれている。関係者によると当日、山口は東京・目黒区の飲食店で友人と酒を飲んで酔っ払い、ガラスで右手をケガしたことから病院に行ったが、そこで大暴れしたという。警察は病院と警備員から出された器物損壊と傷害の被害届を受理し、現在捜査中だ。

「110番通報があって警察官が現場に駆けつけたところ、同行者に『まずいよ、ここにいたら』などと言われ、山口は現場から逃げ去っていたとか。それが事実なら、なお悪質」(前出関係者)

 結局、防犯カメラに犯行状況が映っていたというが、山口当人は一週間あまりにわたってトラブルをチームや周囲に報告せず、前日17日の練習も普段通りに行っていたため、球団側は大混乱。記者に詰め寄られ「本当に何も知らないんですよ」と困惑する関係者もいたほどだが、別の関係者は「本当にこの一週間、誰も知らなかったかは疑わしい」と首をかしげる。

「警察発表がなかったのは、球団が表沙汰にならないよう示談交渉していたからだってウワサがあるんですよ。でも、病院関係者から野球担当ではなく事件記者に話が漏れてしまい、慌てて球団が先に発表する流れになったとか……。実際はどうかわからないけど、それだと確かに話のつじつまは合う」(同)

 山口は2005年に横浜(現DeNA)に入団し、今シーズンからFAで巨人に移籍。4年8億円ともいわれる大型契約を結び、鳴り物入りでの入団だった、右肩の負傷で出遅れ、ファンからは「高いリハビリ代」などと皮肉るような批判も広がっていた。今年2月、キャンプ中にインフルエンザに感染したときも「自己管理能力が低い」と批判され、7月の古巣DeNA戦では4回9安打6失点で移籍後初黒星を喫してしまった。


12
こんな記事も読まれています

まるで「暴力団巨人組」だ……山口俊投手の“泥酔暴行”球団内の「誰も知らなかった」は本当か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

前澤氏は脅迫トラブルを説明すべき

今週の注目記事・第1位「剛力彩芽破局の裏で前澤...…
写真
インタビュー

20代女性が7割の「パパ活」アプリ

不祥事が相次ぐプロ野球・読売ジャイアンツの選手が、今度は泥酔暴行事件を起こした。 事件を...
写真