日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > 日ハム・谷元、トレードの裏側

日本ハムが“中継ぎエース”谷元圭介を中日に電撃放出! 仰天トレードの舞台裏

 プロ野球のトレード期限最終日の7月31日、北海道日本ハムファイターズと中日ドラゴンズの間で、仰天のトレードが成立した。日本ハムが“中継ぎエース”の谷元圭介投手(32)を、中日に放出したのだ。

 当初は交換トレードの線で話し合いがもたれていたようだが、折り合わずに金銭で決着した。一見、中日側が望んだ移籍劇のように思えるが、意外にも日本ハム側が持ち込んだ話だというから、穏やかではない。

 谷元は2014年から3年連続で50試合以上に登板した鉄腕。昨年の日本シリーズでは胴上げ投手になるなど、ベンチの信頼は厚かった。今季も7月30日までに36試合に登板し、0勝2敗1セーブ21ホールド、防御率3.31と好成績を収めている。オールスター戦にも初出場を果たしたばかりで。チームには欠かせない戦力のはずだ。それなのに、なぜ放出なのか? そこには、日本ハムが置かれている状況や球団の方針が隠されているようだ。

 31日現在、日本ハムは33勝60敗の借金27で、パ・リーグ5位。6位の千葉ロッテマリーンズとは2.5ゲーム差と、いつ最下位に転落してもおかしくない。一方、3位の埼玉西武ライオンズまでは21ゲーム差がついており、CS(クライマックスシリーズ)進出は、ほぼ絶望的。それでも栗山英樹監督の続投は決定的で、もはや来季に向けたチーム作りを優先したといえそう。

 谷元は6月21日に国内FA権を取得しており、トレードされていなければ、今オフにFA権を行使する可能性もあった。日本ハムはFA権を取得した選手に対して、熱心な慰留は行わない方針で知られる。昨オフには陽岱鋼外野手との残留交渉がまとまらず、陽はFA権を行使して、読売ジャイアンツに移籍した。今季中にFA権取得が有力な主砲・中田翔内野手でさえ、同様の対応を取るとさえいわれている。

 チーム内の日本人選手の年俸順位がAランク(1位から3位)、Bランク(4位から10位)の選手がFA移籍した場合、獲得した球団は前所属先に、金銭または金銭プラス人的補償しなければならない。年俸1億円(推定)の谷元はBランクで、仮にFA移籍した場合、日本ハムは年俸の60%(6,000万円)または40%(4,000万円)プラス人的補償が受けられたことになる。今回、中日はFA獲得の際の補償額を上回る金額を支払ったとされ、シーズン途中のトレードで、日本ハムには金銭的なメリットがあったようだ。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed