日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 大橋アナ退社でテレ東に冬到来

大橋未歩アナの退社で……テレビ東京“冬の時代”到来へ「下ネタにハマれる人がいない」

大橋未歩アナの退社で……テレビ東京冬の時代到来へ「下ネタにハマれる人がいない」の画像1

 テレビ東京の大橋未歩アナウンサーが、12月上旬に同社を退社することがわかった。退社後の活動については「少し身体を休めながらゆっくり考えたいと思います」と明言はしていないが、妊活に専念するとみられる。大橋アナは1978年生まれの39歳。2002年にテレビ東京に入社し、ニュース、スポーツ中継、バラエティと幅広く活躍した。特に『やりすぎコージー』では、セクシーグラビアチャレンジや、下ネタ発言など体を張った仕事が話題となった。テレ東の看板アナウンサーともいえる大橋アナの退社で懸念されるのが、“冬の時代”の到来であろう。

「テレ東は他局に比べて規模が小さいので、アナウンサーの数も限られています。女子アナは、ニュースやバラエティをまんべんなくこなす必要がありますが、その中でも大橋アナクラスに活躍できる人材は少ない。『ゴッドタン』で芸人と共演し、下ネタもいとわない松丸友紀アナは“ポスト大橋アナ”と言うべき存在ですが、現在産休中です。さらに、バラエティでの活躍が期待された元モーニング娘。の紺野あさ美アナも、この春に退社してしまいました」(放送作家)

 テレ東は予算がない分、個性的なアイデア勝負の番組で評価を獲得してきた。『池の水ぜんぶ抜く』『空から日本を見てみよう』といった番組はよく知られるが、もうひとつの原動力となっていたのが“エロ番組”である。

「大橋アナが長らくレギュラーを務めていた『やりすぎコージー』は、当初は『やりにげコージー』と露骨なタイトルでした。『ギルガメッシュないと』『平成女学園』といったエロ番組の系譜に位置付けられるといえるでしょう。そこに、下ネタトークでうまくハマったのが大橋アナでした。ただ、ほかの女子アナにいきなりそうしたキャラクターを求めてもセクハラになってしまう。彼女の立ち位置だからこそ成立したといえるでしょう」(同)

 テレ東にとって大橋アナの退社は、予想以上に大きな痛手となるのかもしれない。
(文=平田宏利)

最終更新:2017/08/25 19:30
こんな記事も読まれています

大橋未歩アナの退社で……テレビ東京“冬の時代”到来へ「下ネタにハマれる人がいない」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

テレビ東京の大橋未歩アナウンサーが、12月上旬に同社を退社することがわかった。退社後の活...
写真