日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 色気満載も山場なしの『ハロネズ』

国民の愛人を巨乳探偵が追い、元・連ドラ女王が脇見せ! 熟女のフェロモン渋滞も山場なし!『ハロー張りネズミ』第7話

国民の愛人を巨乳探偵が追い、元・連ドラ女王が脇見せ! 熟女のフェロモン渋滞も山場なし!『ハロー張りネズミ』第7話の画像1TBS系『ハロー張りネズミ』番組公式サイトより

 頭が弱くてスケベだけど人情には厚い。そんな探偵役を俳優・瑛太が演じるドラマ『ハロー張りネズミ』(TBS系)の第7話が25日に放送され、8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から1.2ポイント上昇となりました。

 さて、今回の依頼主は、主人公・七瀬五郎(瑛太)が勤める「あかつか探偵事務所」のすぐ近くにある八百屋の店員・星野健太(宇野祥平)。毎晩ネギを買い求めに来るOL・中村七菜子(橋本マナミ)のことが気になり、素性を調べて欲しいというのです。

 しかし、どう見ても七菜子と健太とでは美女と野獣、釣り合いが取れません。調査したところで健太にチャンスはないだろうと気が乗らない五郎ですが、事務所の所長・風かほる(山口智子)の命令で四俵蘭子(深田恭子)とコンビを組み、七菜子を調査することになります。所長にはこの仕事を通じて、密かに好意を寄せ合っている五郎と蘭子をくっ付けてしまおうという目論みもあるんですね。

 そんな企みなど知らずに調査を開始した五郎と蘭子は、毎晩違う男とディナーを共にし、高価なプレゼントを貰い、体を重ね合わせるという七菜子の驚きの実態を目の当たりにすることになります。

 調査の結果、七菜子はパパ活サイトに登録していることが発覚。「ビッチ」と憤る五郎に対して蘭子は、七菜子が“パパたち”から貰ったブランド品を身に着けていないことや、着ている服、住んでいるアパートの家賃などが安いことに疑問を感じると指摘します。

 しかし、蘭子が元ホステスだったことを知る五郎は、いつしかその姿を七菜子と重ね合わせ、“男を騙すけど本当は純情”と正当化したいだけだと罵ってしまうのです。これに対して蘭子は、怒りのパンチ。所長の計画とは裏腹に、2人の仲はギクシャクしてしまうのです。

 五郎の失言に怒りを覚えつつ、やはり七菜子の行動が腑に落ちない蘭子は、大胆な行動に出ることに。依頼人の名前は伏せるものの、素性調査していたことを七菜子に打ち明けてしまうのです。そして、七菜子の実家がネギ農家であること、父親が体を壊して借金を作ってしまい、その返済のためにパパ活をしていたものの、その生活に疲れて地元に戻るつもりだということを知ります。そしてさらに、七菜子の地元産のネギのことを熱心に説明してくれたことをきっかけに、健太に対して好意をもっていることも知るのです。


12
こんな記事も読まれています

国民の愛人を巨乳探偵が追い、元・連ドラ女王が脇見せ! 熟女のフェロモン渋滞も山場なし!『ハロー張りネズミ』第7話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(後編)

頭が弱くてスケベだけど人情には厚い。そんな探偵役を俳優・瑛太が演じるドラマ『ハロー張りネ...
写真