日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 出産目前の妊婦が飛び降り自殺

帝王切開を拒否したのは、家族か病院か……陣痛に耐えかねた出産目前の妊婦が飛び降り自殺

帝王切開を拒否したのは、家族か病院か……陣痛に耐えかねた妊婦が飛び降り自殺の画像1 家族に囲まれ、病院の床にへたり込む馬さん。しきりに下腹部を押さえている

 中国の陝西省楡林市で、出産直前の妊婦が病院の5階から投身自殺するという痛ましい事件が発生した。

「新京報」(9月6日付)によると、馬さんというこの妊婦は当初、8月31日に自然分娩で出産する予定だったが、胎児の頭部が大きく陣痛もひどかったため、病院側は帝王切開手術の必要性があると判断。しかし、自然分娩にこだわる妊婦の家族がこれを拒否。馬さん自身も家族に帝王切開を懇願したが突っぱねられ、突然、病院5階の窓から身を乗り出して飛び降り自殺したのだという。

 病院側は、死の直前の馬さんの様子を捉えた防犯カメラの映像を公開。そこには、家族の前にへたり込む馬さんの姿が確認できる。音声は記録されていないが、病院によるとこの映像は「馬さんが家族に帝王切開を認めるよう、膝をついて懇願している様子」なのだという。

帝王切開を拒否したのは、家族か病院か……陣痛に耐えかねた妊婦が飛び降り自殺の画像2家族に支えられて歩く馬さんからは、憔悴と絶望の表情が見て取れる。彼女が飛び降りたのは、この直後のことだ
帝王切開を拒否したのは、家族か病院か……陣痛に耐えかねた妊婦が飛び降り自殺の画像3馬さんが胎児もろとも身を投げた窓

 一方、家族側は「われわれは病院に帝王切開を依頼したのに、受け入れられなかった」「映像の馬は、痛みに耐えかねて腰が抜けているだけ」と、病院側の主張に真っ向反発している。

 しかし、中国で妻の出産に立ち会った経験のある、北京在住の日本人男性はこう話す。

「中国の産婦人科医は、帝王切開を勧めてくることがほとんど。なぜなら、そのほうが手術代を稼げるから。現地では、自然分娩での出産は全体の半数以下らしいです。そのため、家族が“帝王切開を懇願したのに医師が拒絶した”というのは、ちょっと考えにくい。手術代を惜しんだか、自然分娩のほうが健康な子どもが生まれるといった迷信を信じた家族が、帝王切開を拒んだのでは?」

 いずれにせよ、失われた2つの命は帰ってこない。

最終更新:2017/09/11 14:12
関連キーワード

帝王切開を拒否したのは、家族か病院か……陣痛に耐えかねた出産目前の妊婦が飛び降り自殺のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

SEEDAが語る映画『花と雨』

中国の陝西省楡林市で、出産直前の妊婦が病院の5階から投身自殺するという痛ましい事件が発生...
写真