日刊サイゾー トップ > 芸能  > ベッキーの“未来”が明るいワケ

バッシングから無関心へ……テレビから姿を消したベッキーの“未来”が、それでも明るいワケ

ベッキーオフィシャルウェブサイトより

 一連の不倫騒動により、すっかり姿を見る機会が減ったベッキー。 世間もいい加減にバッシングに飽きたのか、“次のステージ”に移ってしまったようだ。

 一連の“不倫報道ブーム”のきっかけになった、ベッキーの騒動。「 週刊文春」(文藝春秋)によって、ロックバンド「 ゲスの極み乙女。」の川谷絵音との不倫をすっぱ抜かれ、「 ゲス不倫」「センテンススプリング」「文春砲」など、 数々のキーワードが流行語大賞にノミネートされるなど、 別の意味で“時の人”になったベッキーだったが、 激しいバッシングの後に待っていたのは無関心だったようだ。 週刊誌記者が語る。

「ベッキーは、すでに仕事復帰していますが、 番組出演が話題になったのも最初だけ。 当初は番組に出演するだけで複数のネットニュースに取り上げられ るなど注目が集まっていましたが、 今では話題にすら上らなくなってしまいました。先日、 ベッキーはBS日テレ屈指の人気番組『おぎやはぎの愛車遍歴』 に出演しました。同番組は、芸能人がこれまで乗ってきた車を、 エピソードとともに振り返る番組で、 芸能人側から逆オファーするタレントもいるほどの人気番組です。 番組内では、 おぎやはぎが恋愛について突っ込むシーンもあったのですが、 まったく話題になりませんでしたね。 ネットでも完全にスルーされたのには驚きました」

 恋愛について「嫌われるよりも無関心の方がつらい」 とはよく言われるが、 まさにバッシングを通り越して無関心というゾーンに入れられてし まったベッキー。今後の活動は大丈夫なのか? 芸能関係者が意外な見立てを語る。

「本人が仕事を選ばなければ、いくらでも稼げますよ。 なにせ知名度は老若男女まで抜群ですから、 どんな年齢が対象のイベントでもゲストとして呼べますし、 営業でも、かなりの集客力はあるでしょう。また、 最近増えつつあるネットTVは、 ある程度名の知れた出演者を探していますから、 こちらに出るという手もあります。極端に言えば、 芸能人がテレビに出るのは『顔と名前を忘れられないため』です。 営業でガッツリ稼いで、時々テレビに出る。 不倫エピソードを小出しにしていけば、 いくらでもニーズはありますよ」

 本人のメンタル次第だが、 そこまでゲスに徹してぶっちゃけトークをすることができるだろう か?

最終更新:2017/10/27 11:13
こんな記事も読まれています

バッシングから無関心へ……テレビから姿を消したベッキーの“未来”が、それでも明るいワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯にサッカー関係者困惑

 ラグビーW杯で日本代表の快進撃が続いている...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法「当選権利は対象?」

 6月に施行され、東京オリンピックのチケットも関係する「チケット転売規制法」。弁護士...
写真