日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 殺人ピエロがモデルの大ヒット作!
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.451

犯罪史に残る殺人ピエロがモデルの大ヒット作! トラウマが具象化して襲い掛かる『IT/イット』

『IT/イット』は単なるホラーではなく、 思春期を迎えた少年少女たちの成長ドラマとなっているところがス ティーヴン・キングならでは。 ペニーワイズの幻影に悩まされているビルたち7人は学校ではルー ザークラブ(負け犬クラブ)と呼ばれているが、 7人で夏休みを過ごしていくうちに無二の親友となっていく。 吃音症で悩んでいたビルも、 仲間と一緒だとあまり気にしないで済む。 パンツ一丁になって川へ飛び込み、 血まみれ状態のままだったベヴァリー家のバスルームをみんなで清 掃する。不良チームを率いるヘンリー(ニコラス・ハミルトン) にも7人で立ち向かった。 クラブの紅一点であるベヴァリーをめぐるロマンスも生まれる。 仲間と出逢い、初恋を経験し、 夏休みの間にビルたちはぐんぐんと大きくなっていく。 7人一緒なら、怖いものはない。ルーザークラブの一行は、 ペニーワイズが27年ごとにこの街に現われては多くの子どもたち をさらっていることに気づき、 下水道に潜むペニーワイズとの対決を決意する。 ひと夏の美しい記憶とおぞましい恐怖体験との対比が鮮やかに描か れる。

 ペニーワイズのモデルとなった連続殺人鬼ジョン・ゲイシーだが、 もちろん彼にも少年時代はあった。 厳格で癇癪持ちの父親のもとで育ったジョン・ ゲイシーは父親の暴力や暴言に苦しみながら、 それでも父親に愛されたいと願っていた。 大人になったゲイシーは勤勉な実業家として成功を収め、 ボランティア活動にも励んだ。 父親から一人前の男として認められたいという想いからだった。 結局、ゲイシーは父親の愛情を得ることができず、 自分自身が街の子どもたちを苦しめるという倒錯した欲望に溺れて いくことになる。『IT/イット』 に登場する不良少年ヘンリーも父親に虐待されており、 家庭内で溜め込んだ負の感情をルーザークラブのメンバーを虐める ことで吐き出そうとする。 本作のヒロインである美少女ベヴァリーもまた、 父親の支配に悩まされ続けている。 彼女もビルやベンたちと出逢っていなかったら、 もしかしたらITの仲間になっていたかもしれない。 ITは姿を変え、我々が忘れた頃にふいに現われる。

 映画版『IT/イット』はビルたちルーザークラブの7人が“ 大人への通過儀礼” としてペニーワイズと直接対決するシーンがクライマックスとなっ ている。ジュブナイルものとして秀逸な出来映えだが、原作& テレビドラマ版では40代になったビルたちの前に再びペニーワイ ズが出現することになる。 生きることに不安を感じていた10代の頃と違い、 40代になると仕事のこと、家庭のこと、残された人生のこと…… と違った悩みを背負うようになる。 人生に疲れた身体にムチ打って、 またペニーワイズと戦うのは少年時代とは違ったしんどさがある。 ギレルモ・デル・トロ製作総指揮『MAMA』(13) でデビューしたアンディ・ ムスキエティ監督は本作が記録的大ヒットになったことから、 続編製作にヤル気まんまんとのこと。 完結編の公開は27年後ではないことを願おう。
(文=長野辰次)

 

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
原作/スティーヴン・キング 脚本/チェイス・パーマー、キャリー・フクナガ、ゲイリー・ ドーベルマン 監督/アンディ・ムスキエティ
出演/ジェイデン・リーバハー、ビル・スカルスガルド、フィン・ ウォルフハード、ジャック・ディラン・グレイザー、ソフィア・ リリス、ジェレミー・レイ・テイラー、ワイアット・オレフ、 チョーズン・ジェイコブズ、ニコラス・ハミルトン、ジャクソン・ ロバート・スコット
配給/ワーナー・ブラザース映画 R15+ 11月3日(金)より丸の内ピカデリー、 新宿ピカデリーほか全国公開
C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
http://wwws.warnerbros.co.jp/itthemovie/

『パンドラ映画館』電子書籍発売中!
日刊サイゾーの人気連載『パンドラ映画館』が電子書籍になりました。
詳細はこちらから!

最終更新:2017/10/30 11:45
12
こんな記事も読まれています

犯罪史に残る殺人ピエロがモデルの大ヒット作! トラウマが具象化して襲い掛かる『IT/イット』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(後編)

【前編はこちらから】  インディーズ映画界の巨匠・若松孝二監督と「若松プロ」に集まっ...
写真