日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 中国漁民がシロイルカを解体販売

中国漁民が国家保護動物のシロイルカを解体販売! 「パンダ捕殺と同等」の蛮行に、死刑の可能性も……

中国漁民が国家保護動物のシロイルカを解体販売! 「パンダ捕殺と同等」の蛮行に、死刑の可能性も……の画像1シロイルカのおなかをナイフでかっさばく漁民

 中国南方の沿岸部には、中華シロイルカという希少動物が生息しているが、乱獲や環境破壊などによって生息数が激減、すでに数千頭しか生息していないと推測されている。

 そのため、中国の国家一級重点保護野生動物に指定されており、捕殺することはもちろん、捕獲も法律で禁止されている。

 中華シロイルカはその希少性と体の色から“海のパンダ”などとも呼ばれ、中国を代表する動物であるパンダとともに、野生動物保護の象徴的な存在となっている。

 ところが先日、中国版Twitter「微博」上で、漁民が中華シロイルカを捕獲し、陸上で解体している映像が公開された。

中国漁民が国家保護動物のシロイルカを解体販売! 「パンダ捕殺と同等」の蛮行に、死刑の可能性も……の画像2

 この映像が撮影されたのは福建省にある漁村で、船にくくりつけられた中華シロイルカが港まで運ばれ、 漁民がナイフ一本で解体していく様子が映し出されている。

 知らせを受けた同省の漁業部門係官が現地に駆けつけたところ、解体されたイルカの肉はすでに販売されてしまったあとだったという。

 中華シロイルカの捕獲が禁止されていることは漁民なら誰でも知っているはずで、多くのネット民から「法律を知っていてやったのなら、銃殺モノだ」「漁民は死んだ魚を獲ったりはしない。絶対に生きて捕まえたものだ」「そもそも、クジラやイルカは死んだら沈んでいく」といった非難の声が上った。

 中華シロイルカの捕殺は重罪で、死刑に処される可能性もあるという。この漁民はすでに警察によって逮捕され、取り調べを待つ身となっている。

 しかし、動物を殺して死刑とは、徳川綱吉の生類憐れみの令でも あるまいに……。
(文=佐久間賢三)

最終更新:2017/10/08 14:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

中国漁民が国家保護動物のシロイルカを解体販売! 「パンダ捕殺と同等」の蛮行に、死刑の可能性も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【後編】

(前編はこちら)  作家・塩田武士が上梓した『歪んだ波紋』は、ネットによって無秩序に広...…
写真