日刊サイゾー トップ > 芸能  > 坂上忍のMCに他局から批判続々

『バイキング』小林旭の“放送禁止用語”問題は「坂上忍が悪い!」他局から批判続々

『バイキング』小林旭の放送禁止用語問題は「坂上忍が悪い!」他局から批判続々の画像1

 俳優の小林旭が10月5日放送のフジテレビ系『バイキング』に出演した際、不適切発言についてアナウンサーが謝罪する場面があったが、これを見た他局のキャスター、アナウンサーからは「司会者の坂上忍がダメ」という声が口々に聞かれた。

 番組ではラスベガスでの銃乱射による大量殺人事件について、小林が犯人について語る際、精神異常を示すような表現をしたが、それがテレビ放送上の「禁止用語」であったため、榎並大二郎アナウンサーが「精神障害の方に対する差別を助長する発言がございました。お詫びして取り消させていただきます」と謝罪をした。

 小林の発言に差別の意図は感じられなかったが、その言葉は精神障害者に対する蔑称として使われる場合もあることから、誤解を招く表現として訂正された形。ただ、小林は78歳の超ベテラン俳優・歌手でありながら、情報番組のコメンテーターはこれが初。大物ならではの奔放な発言が目立ち、番組の終盤では出演の感想を問われ「あまり楽しくなかった」と語っていたほどだった。

 司会の坂上が「また遊びに来ていただけますか?」と聞いても「遊び? 仕事ね。機会があれば」と終始マイペースだった。

 そこで、これを見た他局の情報番組キャスターを務めるフリーアナウンサーに話を聞いてみると、「私が出身の局では、放送禁止用語についてはちゃんと研修があって、ゲストがそういう発言をした場合の対応も学んだ」と答えた。

「アナウンサー自身はそういう発言をしないよう訓練されていますけど、ゲストの方はそうじゃないから、言ってしまうことが想定できますよね。でも、ほとんどの場合は悪意なく言っているので、『それは、こういう意味ですよね』と相手に真意を確認して、さりげなくフォローするんです。そうすれば、後で取ってつけたような謝罪はしないで済みます」


12

『バイキング』小林旭の“放送禁止用語”問題は「坂上忍が悪い!」他局から批判続々のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(前編)

俳優の小林旭が10月5日放送のフジテレビ系『バイキング』に出演した際、不適切発言があって...
写真