日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > 『アズレン』は二次元愛の踏み絵!?

『艦これ』で愛を育んだ戦友を捨てるのか? 『アズールレーン』は二次元愛の踏み絵だ!

『艦これ』で愛を育んだ戦友を捨てるのか? 『アズールレーン』は二次元愛の踏み絵だ!の画像1『アズールレーン』公式サイトより

 9月14日に、日本語版サービスを開始した中国発のスマホゲーム『アズールレーン』が、急速にユーザーを伸ばしている。

 このゲームは、艦船を擬人化した育成ゲームのひとつである。

 艦船を擬人化したゲームということで、パッと見は『艦これ』という雰囲気があることは、否めない。ただ、ゲームの方向性は大きく異なり、シューティングゲームとなっているのが特徴である。そのあたり、これまで幾つか登場した『艦これ』パクリゲーとはまったく異なる。

 また、中国政府が目を光らせていることもあって、スマホゲーながら、ガチャに頼る課金ゲーであることを拒否しているというのも、特徴である。そうしたこともあってか、サービス開始から1週間あまりにして、すでにユーザーは100万人に達しようとしている。

 そんなゲームに登場するキャラクターは、第2次世界大戦当時の艦船を擬人化したものばかり。当然、すでに『艦これ』で、おなじみの艦船も、姿を変えて、主にケモミミ姿で登場している。そうした、姿は違えどおなじみのキャラクターを敵として打ち破ることに「反日ゲー」という、ぶっ飛んだ罵りをする人もいる。

 もちろん、そんな罵りには加担する気はない。だいたい、限られた政治的なクラスタを除けば、中国本土の人々と「ゼロ戦カッコイイ」に始まり、マニアックな大戦ネタで盛り上がれる時代である。

 ただ、腑に落ちないのは急激な『艦これ』からのシフトである。Twitterに自作の絵をアップしている絵師のアカウントなどでは、一気に『艦これ』から『アズールレーン』へのシフトが起こっている。とりわけ「愛宕」で検索すると『艦これ』ではなく『アズールレーン』の愛宕のほうが、多くなっているような気がする。

 けっこうな数の人が、ケモミミロングヘアの愛宕と称するキャラクターの絵を見て。「何これ? アズレンって何?」とゲームを知ったのではなかろうか。

 いや、もちろん流行のもの。描きたい衝動に駆られる題材に創作の時間を割きたいのはわかる。でも、そんなに簡単に乗り換えられるものなのか……。

 確かに、オタクの中には定着していた「今期の嫁」という表現自体、疑問視せざるを得ないものだった。愛するキャラクターを1クールごとに変えることができるのか。キャラクターへの愛は、そんなに浮ついたものだったのか……。

『アズールレーン』の場合は、さらにその想いが強くなる。『艦これ』における、艦娘たちは、共に深海棲艦と戦ってきた戦友(と、書いて<とも>と読む)である。『アズールレーン』に登場する同名で姿が違うキャラクターを見て「こっちもこっちでいいね~」と、愛でることができるものなのか。

『アズールレーン』の流行は、個々人の二次元キャラへの愛が、本物かどうかの踏み絵になっているような気がしてならない。
(文=是枝了以)

最終更新:2017/10/24 12:17
こんな記事も読まれています

『艦これ』で愛を育んだ戦友を捨てるのか? 『アズールレーン』は二次元愛の踏み絵だ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

御茶海マミの“リアル地下ドル”事情

9月14日に、日本語版サービスを開始したスマホゲーム『アズールレーン』が、急速にユーザー...
写真