日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > たかみなの同棲報道がヤバいワケ

元AKB48・高橋みなみが15歳年上恋人と同棲!? “握手会商法頼り”のソロ歌手活動は「絶望的」

元AKB48・高橋みなみが15歳年上恋人と同棲!? 握手会商法頼りのソロ歌手活動は「絶望的」の画像1

 元AKB48の高橋みなみが、半年ほど前から年上の恋人と同棲していると、24日発売の「女性自身」(光文社)が報じている。

 AKB48を卒業した翌月の昨年5月、IT関連企業に勤める15歳年上の一般男性との“連泊デート”が「女性セブン」(小学館)に報じられた高橋。「女性自身」によれば、高橋とその男性の交際は1年半にわたり、現在は同じマンションからそれぞれ仕事に出かける生活を送っているとか。記事では、アラフォーの男性が、高橋との結婚を真剣に考えていると伝えている。

「最初の熱愛報道が、あまりにもAKB48卒業直後だったため、ネット上では“脱アイドル”を図るために『事務所がリークしたのでは?』とのウワサも飛び交いましたが、とんでもない。高橋は恋人の存在が公になったことで、歌手として相当、苦しんでいますよ」(芸能記者)

 高橋は、昨年4月にリリースしたソロ初アルバム『愛してもいいですか?』(ユニバーサルミュージック)が初週売上約1万枚と不発。先月リリースした卒業後初シングル「孤独は傷つかない」も、初週6,816枚と振るわなかった。

 しかし、高橋といえば、AKB48卒業前に「中森明菜」を目標に掲げるなど、本格歌手路線を目指していたのは明白。AKB48時代から“歌うま”キャラで通っていたこともあり、熱愛報道がCDの売上不振に直接繋がったとは考えにくいのだが……。

「高橋のCDの売り方は、アイドル時代と同じく握手会に頼ったもの。特にシングル発売前には、全国ツアーの各会場で終演後に握手会を行い、ファンの複数買いを促していた。そんなアイドル商法を続けている高橋が、プライベートで恋人とラブラブとわかれば、ファンが離れていくのも当然。ソロアーティストとしても、アイドルとしても振り切れていないため、何をやっても中途半端な状態に陥っている」(同)

 3月に出演したネット番組で、占い師に対して「ソロで活動を始めて1年が経って、もうすぐ2年目。今後、芸能界のポジションというか、どこを目指したらいいのか」と悩みを打ち明けていた高橋。同棲報道により、さらに窮地に追いやられてしまうのだろうか?

最終更新:2018/12/11 12:26
こんな記事も読まれています

元AKB48・高橋みなみが15歳年上恋人と同棲!? “握手会商法頼り”のソロ歌手活動は「絶望的」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

オタク議員・荻野稔氏辞職へ

元AKB48の高橋みなみが、半年ほど前から年上の恋人と同棲していると、24日発売の「女性...
写真