日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 元SMAP3人イベント激減は「忖度」

稲垣、草なぎ、香取とジャニーズ事務所“仁義なき戦い”は、すでにスタート!? イベント激減のワケは「忖度」か……

 

 今年9月にジャニーズ事務所を退社後も、イベントやテレビ出演など、何かとメディアの露出も多い稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人。

 それだけに、マスコミを呼び込んだイベントへのキャスティングも引っ張りだこかと思いきや、そうもいかない状況という。ワイドショー関係者が明かす。

「3人がジャニーズ事務所を退社後に、イベントPR会社スタッフから、あの3人の引きがマスコミ的にどれくらいありそうなのか聞かれることが多くなりました。その中でも、特に気にしていたのが、“ジャニ担”記者が先日の香取の現場にいたかどうか。よくジャニーズのイベントに顔を見せていたレポーターをはじめ、“ジャニ担”記者がいなかったことを伝えると、どこの担当者も反応がよくなかったですね。やはりどのPR会社も、3人を起用した際に、今後、ジャニタレのイベント稼働がNGになるのでは? という恐れから“忖度”し、動きを鈍らせているみたいです」

 そんな3人の所属事務所・株式会社CULEN(カレン)側の動きは、どうなっているのか?

「イベントPR会社の中には、カレン側に接触したところもあるようなのですが、その際に単発での仕事を打診してみたところ、反応が鈍かったらしく、長期の仕事を前提に考えているという雰囲気だったらしいですよ。つまり、“簡単”に使うのは難しいということ。それだけに、11月2日から3人が出演しているAbemaTVの72時間生放送には、彼らに何をどこまで要求できるのか測る意味で、熱視線が送られているそうです」(同)

 一方、ジャニーズ側といえば、表向きは静観の様子だが、裏側では機敏な対応を見せているという。

「紙媒体には、3人とジャニタレを同じページでレイアウトしないよう通達があったとか、3人をインタビューした媒体に対してはジャニーズ側から“事情聴取”があったとも聞きます。やはりカレン側の活動には、敏感なようです」(同)

 稲垣、草なぎ、香取がジャニーズ事務所を退社して、わずか2カ月足らず。すでにカレンとジャニーズ事務所の“仁義なき戦い”の火ぶたは切って落とされているようだ。

最終更新:2017/11/04 08:00
こんな記事も読まれています

稲垣、草なぎ、香取とジャニーズ事務所“仁義なき戦い”は、すでにスタート!? イベント激減のワケは「忖度」か……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

御茶海マミの“リアル地下ドル”事情

 昨年度の総ライブ出演本数140本(!?)地下アイドル界でも異例の精力的なペースで活...
写真