日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > セクシー美女の動画配信に2億円!

セクシー美女のライブ動画配信に2億円貢いだ! 中国で続発する巨額横領事件と“習近平政権”の影

このようなセクシー配信者のために大金を「打賞」する中国人男性は後を絶たない(新視覚熱点)

 最近、中国では「打賞」という新語が流行している。その意味は、ネット上でライブ動画配信を行っている配信者に、視聴者がお金をプレゼントすることを指す。現地では、こうした視聴者からの打賞によって、1日で数千万円を稼ぐ動画配信者の存在も知られている。

 配信者に巨万の富をもたらす一方、視聴者の一部には配信者に夢中になる余り、犯罪によって打賞の資金を確保しようとする者が続出している。

「楚天都市報」(10月28日付)によると、湖北省の大学で会計経理を担当していた男が、大金を横領した容疑で逮捕、起訴された。報道によれば、この男は2015年1月から16年9月にかけて、経理という自身のポストを悪用し、ニセの請求書などを発行するなどして、勤務していた大学から1,600万元(約2億8,000万円)を騙し取り、自らの個人口座に振り込んで横領していた。この男、横領した金の一部は、ネットカジノや宝くじ、株の売買に使っていたが、その大部分の1,300万元(約2億2,000万円)を、ライブ動画配信を行っていた女性に送金し、貢いでいたというのだ。男には横領罪で懲役13年、罰金100万元(約1,700万円)の刑が言い渡された。

 隠し通せるはずのない巨額横領に手を染めるのもどうかと思うが、リスクを冒して手にした大金を、会ったこともないネット上の女性に惜しげもなくプレゼントしてしまう思い切りの良さは、理解に苦しむところだ。

 しかし同様の事件は、今年2月にも起きている。江蘇省鎮江市で、不動産会社で経理を担当していた男が、やはりライブ動画配信を行っていた複数の女性に送金するため、会社の金890万元(約1億5,000万円)を横領していたのだ。男は横領が露見する寸前、ビジネスホテルで自殺を図っていたが未遂に終わり、結局逮捕されている。

 

不動産会社で横領し「打賞」をした男。男には、妻と生まれたばかりの子どもがいたという(南報都市報)

 ネット上のセクシー美女に入れ込むあまり犯罪を犯してしまう視聴者が続出していることについて、中国事情に詳しいフリーライターの吉井透氏は、こう話す。

「習近平政権下の風紀取り締まりで、風俗はおろか、お色気要素のあるサービス店はほぼ壊滅。細々と続いている風俗もありますが、風俗嬢の質は地に落ちている。セクシー動画配信者に夢中になるのも無理はない」

 欲求不満を抱えた中国の男たちが繰り広げる事件は、今後も続きそうだ……。
(文=青山大樹)

最終更新:2017/11/09 11:49
こんな記事も読まれています

セクシー美女のライブ動画配信に2億円貢いだ! 中国で続発する巨額横領事件と“習近平政権”の影のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が語る「殺害予告」の真実

 日本人最多とされる殺害予告を受け、6年以上に渡って誹謗中傷を受け続ける「炎上弁護士」...
写真