日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 内村『紅白』司会で“ポケビ復活”か

目玉ゼロの『紅白』総合司会に“ウッチャン”内村光良起用の意図は「ポケビ復活」か

『スーパー・ベスト ポケットビスケッツ』

『第68回NHK紅白歌合戦』の総合司会に、お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良が起用されることが13日、同局から発表された。

 白組司会は嵐の二宮和也、紅組司会は2年連続で女優の有村架純。内村は2012年からコント番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』(不定期放送)の座長を担当しており、NHKへの貢献度は文句なし。何より頼もしいのは、内村が高視聴率番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の“顔”であることだ。

「昨年は大御所歌手の和田アキ子を“切る”など、NHKは紅白復活に強い意欲をみせている。“視聴率男”内村の存在は心強いに違いない」とはテレビ関係者。

 サプライズも、すでにウワサされている。内村、タレントの千秋、キャイ~ンのウド鈴木からなる往年の人気ユニット「ポケットビスケッツ」の一夜限りの復活だ。通称「ポケビ」はライバルユニット「ブラックビスケッツ」とともに1998年の『紅白』に出場。内村はポケビのリーダー兼キーボードを担当するTERUに扮した。

「NHKは来年引退する安室奈美恵の出演交渉に熱が入っているが、状況は五分五分のようだ。万が一、不出場となれば、目玉がなくなる。その“保険”として、ポケビの限定復活を考えているようだ」(音楽関係者)

 ただ、総合司会の大役を務める内村が別人格・TERUとして出演するのは、タイムスケジュール的に厳しいかもしれない。そこで登場するのが、相方の南原清隆だ。前出テレビ関係者は「南原さんはポケビの世界では『音楽プロデューサー・南々見一也』の役で、ポケビのライバル『ブラックビスケッツ』を率いていた。TERUの代わりにポケビ&ブラビメンバーを引き連れて……という展開は想像できる」と話す。

 歌番組とお笑いの融合が期待される今年の『紅白』では、内村が総合プロデューサーと言っても過言ではないかもしれない。

最終更新:2017/11/16 11:51
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed