日刊サイゾー トップ > 海外  > 園児にワサビ大量注入の“児童虐待”

園児の口にワサビ大量注入! 中国有名企業の託児所で、ヒドすぎる“児童虐待”が……

男児に、大人の親指ほどの大きさのあざが見つかった

 本サイトでは中国で相次ぐ児童虐待をたびたび取り上げてきたが、ある託児所で起きたケースが、中国社会に衝撃を与えている。というのも、この託児所「上海携程親子園」は、中国の旅行サイト最大手「携程旅行網(Ctrip)」が運営していたからだ。Ctripは世界で2番目に大きい旅行サイトで、中国本土はもちろん、アメリカ市場にも上場しているほど。

「新京報」(11月8日付)などによると、携程親子園を利用していた王さんが、子どもの耳に赤紫色のあざができていることに気づいた。すぐに保育士にショートメールで問い合わせると、「子どもが転べばあざができるのは当然であり、病院に連れて行けばいいのでは? もし疑問があれば、園内に設置されている監視カメラの映像を見ればいい」と強気な返信が……。

 そこで王さんは映像の開示を要求。見てみると、驚くべき光景が記録されていた。保育士が、ある女児に服を着せる際、邪魔だったのか、女児が手にしていたカバンを力いっぱい床に叩きつけ、頭を小突いているではないか。女児は、たまらずに倒れ込んでしまっていた。

 

カバンを叩きつけられたうえに、頭を突き飛ばされた女児
園児は、日常的にワサビを食べさせられていたという

 別の日の映像では、男児が保育士に無理やり何かを口に入れられ、即座に泣きだした。しばらくするとその保育士は、泣きだした別の女児の頭を叩き、椅子から立たせると、やはり何かを口の中に入れた。保護者の調査によると、その正体は、なんと練りワサビだったという。ある女児は、30分間に、チューブの半分の練りワサビを食べさせられていた。

 従業員に対する福利厚生の一環で2016年に開園した上海携程親子園は、上海現代家庭雑誌社傘下の「為了孩子学苑」という組織が管理を請け負っていた。その後、現代家庭雑誌社は、上海市婦女聯合会が全額出資していることも判明。婦聯会は公益機関であることから、市民による非難の声はいっそう強まっている。

12

園児の口にワサビ大量注入! 中国有名企業の託児所で、ヒドすぎる“児童虐待”が……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ローソン先行発売の新「ペヤング」レビュー

 今年はまじめな創作路線を突き進んでいる...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真