日刊サイゾー トップ > その他 > PR情報  > 先週のマイルCS関西情報で5万馬券的中! ジャパンカップも激アツの関西情報で獲る!

先週のマイルCS関西情報で5万馬券的中! ジャパンカップも激アツの関西情報で獲る!

昨年のジャパンカップは関西馬キタサンブラックが優勝

 松坂桃李、柳楽優弥、高畑充希、土屋太鳳と4人の大物タレントが出演しているにもかかわらず、JRA(日本中央競会)のCMは評判はあまり良くない。1月に競馬素人の4人組が競馬を楽しむといったコンセプトでスタートしたが、1年近く経っても何の進歩もなく、永遠とバカ騒ぎが流れるだけ。くだらないストーリーに競馬ファンは辟易しているようだが、ある広告代理店関係者は、このCMについて、こう語る

「何か理由か制約があるのかもしれませんが、この4人を活かしきれていません。場面も競馬場ばかりで、スケジュール確保の問題か予算の問題かわかりませんが、あのCMで伝わる競馬の魅力はゼロと言っていいでしょう。一年を通して何のインパクトもなく、話題性もゼロ。これなら、賛否両論はあったものの、かつてないインパクトを残したキムタクこと木村拓哉の方が圧倒的な存在感がありました」

 キムタクがJRAのCMに出演したのは、1998年から99年の2年間。キムタクが馬に乗ったり踊ったりと、その破天荒ぶりは世の中にかつてないインパクトを与えた。それと比較して現在JRAに出演している4人はなかなかのビッグネームだが、キムタク一人にインパクトで及ばない。JRAがさらに発展していくには、キムタクのような破天荒でインパクトのあるタレントと戦略が必要なのかもしれない。

 今週はそんなキムタクと公私ともに仲の良いトップジョッキー武豊に注目が集まっている。週末に行われる第37回ジャパンカップ(G1)は、武豊が騎乗するキタサンブラックが主役だからだ。キタサンブラックのオーナーは、演歌歌手の北島三郎。昨年のジャパンカップ優勝馬で、デビューからここまで稼いだ賞金は何と約15億円。獲得賞金額はJRA史上2位の成績で、ジャパンカップと有馬記念の結果次第では歴代1位の座も見えているのである。多くのマスコミが注目するこのジャパンカップは、競馬ファンだけでなく日本中が注目するビッグイベント。どうせなら見るだけでなく参加してこのイベントを楽しみたい。そして参加するなら馬券の購入をぜひオススメしたい。

 競馬は単なるギャンブルと敬遠する人もいるだろうが、ブラッドスポーツと呼ばれるように100年以上も前から紡がれてきた血統の歴史があり、またスポーツ競技として国際的にその地位を獲得している。そして競走馬に携わる人達が勝利を目指すその姿は、時に大きな感動を伴い、競馬ファンの心に焼き付いている。引退レースで見事勝利を飾ったオグリキャップ、圧倒的強さを見せたディープインパクトといった名馬は、競馬ファンではなくても耳にしているはずだ。

 しかし馬券を買うといっても、的中するのは簡単なものではない。ビギナーズラックという言葉もあるが、それは神の気まぐれのようなもの。まったくの初心者であっても、そのビギナーズラックに恵まれない人も実際に目にしてきた。

 競馬は運任せの宝くじと異なり、予想に関する知識や経験を重ねることで、その的中率を大きく引き上げることができる。かつて馬券裁判(競馬の利益と税金に関する裁判)が各地であったように、実際に競馬で儲けている人は多くいると言われている。そんな人達も利用している、参考にしていると言われているのが「業界最強の関西馬情報」だ。

 関西馬情報と聞いて「何それ?」と感じた方も少なくないだろう。これは完全に競馬用語で、競馬ファンの中でも熟知している人は多くないように思う。

 競馬は東西で競走馬を管理、調教する施設があり、関西は滋賀県栗東市にある栗東トレーニングセンターがそれに該当する。馬だけでなく武豊を筆頭にミルコ・デムーロ、クリストフ・ルメールといったトップジョッキーも関西所属騎手であり、西高東低として騎手や調教師の成績も関東を圧倒。ジャパンカップも過去10年で関西馬が9勝だから、その強さがわかるだろう。つまり関西馬の情報を的確に掴むことが、馬券成績に大きな差がでるといっても過言ではないのだ。

 そんな関西馬情報だが、実は誰にでも入手できるものではない。競馬は政治や芸能と同様にマスコミとつながりが深く、トレーニングセンターは基本的に一般ファンは立ち入り禁止。直接関係者に取材する機会はなく、スポーツ紙や競馬専門紙を通じて関係者のコメントを読むしかない。しかし優勝賞金3億円で大きな栄誉もかかるジャパンカップのようなビッグレースで、関係者が作戦や状態を本音で語ることはまずない。内情を暴露することは、自らの首を絞める行為にもつながるからだ。

 それでは本当の関西馬情報を知る機会はないと考えるのは自然な流れ。しかしその現状を覆し「本物の関西馬情報」を入手できる手段があることをお伝えしたい。それが栗東トレーニングセンター近郊を拠点に、関西馬情報を専門に扱っている情報会社「チェックメイト」の存在だ。

 チェックメイトは関西馬の本拠地である栗東トレーニングセンターと目と鼻の先に事務所を置き、ありとあらゆる関西馬情報を把握する「最強の関西馬専門の競馬情報会社」。その中心にいるのは、栗東トレーニングセンターで実際に調教師として活動していた浜田光正氏と清水久雄氏の元JRA調教師。浜田光正氏は現役時代に7つのG1レースを勝利した名伯楽。浜田厩舎で経験を積んだスタッフは、栗東トレーニングセンターの各厩舎で活躍。キタサンブラックの清水久詞調教師も浜田厩舎の調教助手として活躍し、浜田光正の弟子にあたる存在、今もその影響力は絶大。マスコミを超えた存在である彼らには、ありとあらゆる関西馬情報が飛び込んでくるのである。


12
こんな記事も読まれています

先週のマイルCS関西情報で5万馬券的中! ジャパンカップも激アツの関西情報で獲る!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...
写真