日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 中国ヘンタイ男性の“異物挿入遊び”

肛門にタウナギ! 尿道には南京錠! 中国ヘンタイ男性の“異物挿入遊び”が止まらない!?

肛門からタウナギを挿入した男性の、実際のCT画像。タウナギの様子が、はっきりと分かる(看看新聞)

 本サイトでも、これまで幾度となく報じてきた中国人の異物挿入事件が、またしても起きてしまった。しかも、同時期に2例も……。

 業界紙「水産養殖網」(11月17日付)によると今月10日、40代の中年男性が腹痛を訴え、江西省の病院に緊急搬送されてきた。医師が腹痛の原因について尋ねると、この男性は口を固く閉ざし、何も話そうとしなかったという。

 医師は原因を探るため、男性のCTスキャンを撮影。すると、腹部に細長いヘビのような影が写っていたのだった。

 医師にCT画像を見せられた男性はようやく口を開き「遊び心で、タウナギを肛門から入れたら、どんどん奥に入ってしまい、取り出せなくなった」と白状した。

 体内のタウナギは、手術によって摘出に成功。男性は現在も入院中だが、快方に向かっているという。

男性の腸から摘出された実際のタウナギ

 さらに同じ頃、尿道への異物挿入で、病院のお世話になってしまった男性もいる。

「詩華日報」(11月18日付)によると今月14日、膀胱の痛みを訴えた31歳の男性が福建省の病院に搬送されてきた。彼は、尿道に異物を入れる性癖を持ち合わせており、この時は尿道に南京錠を入れていたところ、取り出せなくなってしまったという。

 南京錠が尿道を通ってぼうこうに至るとはにわかには信じがたいが、医師が男性のぼうこうのX線撮影を行ったところ、確かにそこに南京錠の影が確認されたのだ。直径5ミリほどのカテーテルを挿入するのですら激痛が伴うというのに、驚くしかない。

 

尿道に南京錠を挿入し取り出せなくなった男性と、そのX線写真。南京錠の形が確かに確認できる(東網)

 しかし、このひそかな一人遊びの後始末には、高い代償を払うこととなってしまった。医師は、尿道から南京錠を取り出すことは難しいと判断。開腹手術を行い、ようやく南京錠を摘出することができたという。

 中国で続発する体内への異物挿入。性癖は個人の自由とはいえ、もう少し安全に遊んでもらいたいものだ。
(文=青山大樹)

最終更新:2017/11/30 14:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

肛門にタウナギ! 尿道には南京錠! 中国ヘンタイ男性の“異物挿入遊び”が止まらない!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

瓜田純士復帰戦、衝撃の結末!

『瓜田純士に勝ったら10万円』というサイゾー協賛の格闘技イベントが4月28日、「THE ...
写真