日刊サイゾー トップ > 芸能  > のん、NHK大河で女優復帰か?

宮藤官九郎が民放に苦言!? “干され女優”のん、NHK大河『いだてん』でついに女優復帰か

宮藤官九郎が民放に苦言!? 干され女優のん、NHK大河『いだてん』でついに女優復帰かの画像1
のん

 宮藤官九郎が脚本を手掛ける来年1月スタートのNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の出演者が29日に追加発表され、女優・のんの女優復帰を期待する声が高まっている。

 同作は、宮藤をはじめ、音楽の大友良英氏、制作統括の訓覇圭氏、演出の井上剛氏、西村武五郎氏と、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』のスタッフが大集結していると話題に。

 キャスト発表の第1弾では、『あまちゃん』に出演していた勝地涼、古舘寛治、ピエール瀧、杉本哲太、さらに今回の第2弾では、橋本愛、松尾スズキの出演が発表され、ネット上では「のんちゃんも出るんじゃ?」「ここまで『あまちゃん』チームが集結しといて、のんだけ弾かれることなんてないだろう」といった声が相次いでいる。

「のんの独立後、宮藤は連載コラムやトークイベントでたびたびのんの話題を持ち出し、いつも彼女の活動を気にしている様子だった。また、昨年7月に掲載された『週刊文春』(文藝春秋)の連載コラムでは、あるトーク番組で『あまちゃん』の映像が流れた際、主演の能年玲奈(のん)が全く映っていなかったことを紹介。『代わりに前髪クネ男(勝地涼くん)がガッツリ映ってて笑った。あまちゃんは能年さんの主演作ですよ』と綴ったため、能年を排除しようとするテレビ局への苦言ではないかと話題になりました」(芸能記者)

 のんといえば、バーニング系列の芸能プロとして知られるレプロエンタテインメントとの契約トラブルが泥沼化。本名の「能年玲奈」が芸名として使えなくなり、現在はのん名義での活動を余儀なくされている。レプロの公式サイトには、今もなお所属者として能年のプロフィールが掲載されており、ファンクラブやグッズ販売まで継続。そんなレプロに忖度しているのが、民放各局だ。

「独立後ののんをいち早くテレビ出演させたのは、NHKだった。昨年10月に放送された『おはよう日本』では、のんのインタビューを放送。また、同12月の『あさイチ』に生出演した際には、『お帰りなさい!』という視聴者からのメッセージが読み上げられるなど、歓迎ムード一色。『いだてん』のキャストには、現時点ではバーニング色の強いタレントは見当たりませんし、NHKものんを出したいはず。逆に言えば、のんが『いだてん』にすら出られないとなると、女優本格復帰は諦めざるを得ないでしょう」(同)

 独立時は「女優を中心にやっていきたい」と語っていたものの、いまだ叶っていないのん。もし、『いだてん』でドラマ復帰を遂げれば、大きな話題となりそうだが……。

最終更新:2017/11/30 19:30

宮藤官九郎が民放に苦言!? “干され女優”のん、NHK大河『いだてん』でついに女優復帰かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

瓜田純士、実父への想いを歌う

「親父、調子はどうだ?」――ユーチューバーとして、そしてミュージシャンとして精力的...
写真