日刊サイゾー トップ  > “男の娘”の輝き「おちんコス感謝祭」

“男の娘”たちの輝き──性欲を超えた嗜好の快楽を見た「おちんコス感謝祭」

エッチなカッコの男の娘もワンサカいるけどオサワリはナシ。 う〜ん、なんて健全なイベントだ

 そこは、リビドーの甘い香りが優しく包み込む空間。11月23日、勤労感謝の祝日の午後。五反田のオフィス街の地下にある写真スタジオ。アニソンとリンクした映像がチカチカと煌めく中には、男の子と男の娘……。そう、可愛いのは、決して女の子だけの特権とは限らない。ここは、それに気づいた幸せな人たちが集まる場所なのだ。

 同人サークル「おちんコス」。それは、現代におけるひとつの最先端。「おちんちん+コスプレ」を意味する新しいキーワードは、ジワジワと世間に溶け込んでいる。ちょっと検索すれば、見つかるのはTwitterの公式アカウントとダウンロード販売サイト。サイトの更新は頻繁。

『けもみみ男の娘のエッチな発情』『男だがしかし…』『おちんぽ白濁魔女のぎりぎりオナニー』。サイトまで見てしまったら、大半の人は、いつの間にかいくつかのタイトルをカートにいれて、クレジットカードの番号を入力しているはず。コスプレエッチを扱う動画タイトルも、ずいぶんと増えた。男の娘だって同様だ。でも、コスプレと男の娘を組み合わせ、その路線をストイックに追求しているのは、今のところは「おちんコス」だけ。絶えずニュータイトルがリリースされるのは「出演したい」と連絡してくる男の娘が絶えないから。

 

最近、東京に引っ越して来たチンズリーナ先生。同人誌は商業よりも走ってマス
基本コスなんですが、みんな私服のセンスもいいんだよなあ。ぜひ、お近づきになりたい。いや、オレも男の娘に
知らぬうちに次から次へと増殖するタイトル。一度見たら世界が変わるハズ

「連絡してきても、実際に撮影にまで至るのは10人のうち1人くらい」

 制作者のりゅうちんは、ディスカッションから撮影、編集、そして、男優までを、ただ一人でこなしている。そこまで情熱を燃やすことができるのは、男の娘の魅力に完全に取り憑かれているから。だから「自分のアナニーを撮影してほしい」「ハメられたい」、はたまた「女装レズを撮影されたい」という男の娘たちの願望を、少しでも実現しようと励んでいる。タイトルが評価され、売れることはもちろんうれしい。でも、それ以上に自身が男の娘と出会うこと、そして、男の娘の魅力に目覚める男の子が増えることが、彼にとっての至上の快楽。

 そんな同人サークルが、勤労を感謝する日に初めて開いた「おちんコス感謝祭」。それは、男の娘と男の子たちのための解放区。エレベーターを降りて、一歩入ったスタジオにあったのは、なんの枠も枷もない世界。そこにいる人々は、驚くほどに紳士で淑女。リビドーの香りの中で、各々が撮影にダンスにと楽しんでいるというわけだ。

 プロのメイクさんも待機して、いつも以上に可愛くなれる男の娘。その男の娘の姿も多種多様。完全に女の子みたいになっているコもいれば、男っぽさを漂わせるコも。でも、そこに優劣なんてない。可愛さというものは多種多様。男の娘を愛でることができる人は、そのことをよく知っている。可愛いのは、女の子に近いからだけじゃない。そこを目指して、なりかけのコ。すなわち、まだメイクや仕草が甘いコの独特の可愛さ。明らかな男っぽさが消せないからこその色気。どれもが、違った美味しさに充ち満ちている。だから、そこには枷がない。

 何よりも、男の娘の可愛さというものは、なりたい努力から滲み出てくるものなのだ。ふと、アニソンに身体を揺らしていた、ひときわ目立つ可愛いコに喫煙所で声をかけてみた。「どのタイトルに出ているの?」てっきり、どれかに出演しているコだろうと思い聞いてみた。アイコスを咥える姿もセクシーな、そのコは少し照れ笑いをしながら言う。

「私、出演はしていないんです……」

 でも、身にまとうのは、こうしたイベントに慣れ親しんでいる雰囲気。それが気になって、あれこれと尋ねてみる。B面……すなわち、女装していない時のこととか、目覚めのきっかけとか。

「普段はフツーに会社員だけど。週の半分くらいは女装しているし、男の姿で会社に行くときにスイッチをオンにしている感じかな」


12
こんな記事も読まれています

“男の娘”たちの輝き──性欲を超えた嗜好の快楽を見た「おちんコス感謝祭」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

極道×アイドルマンガ作者が語る魅力

 今、アイドル界では、ありとあらゆるものとの組み合わせが考えられている。プロレスアイ...
写真