日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > とろサーモン村田に俳優として熱視線

『M-1』王者とろサーモン ブレークのカギ握るのはツッコミ村田、業界は俳優として熱視線

吉本興業公式サイトより

『M-1グランプリ2017』(テレビ朝日系)で優勝し、漫才日本一に輝いたお笑いコンビ・とろサーモン。すでに番組出演オファーが殺到し、売れっ子への階段を駆け上がろうとしている。お笑い関係者は、こう話す。

「特にボケの久保田かずのぶは、漫才でのクレイジーな雰囲気だけでなく、私生活でのクズっぷりも含めてトークネタが豊富。ラッパーとしても活動するほか、吉本でも随一のオシャレ芸人ということもあり、いろいろな番組に対応できる。一見するととっつきにくいタイプですが、根はマジメでスタッフ受けも良い。今回の優勝をきっかけに、どんどん売れていくでしょうね」

 しかし、業界関係者が本当に熱視線を送っているのは、久保田よりもツッコミの村田秀亮のほうだという。

「芸人らしいルックスの久保田とは対照的な濃い顔でイケメンの村田は、ぱっと見芸人タイプではないということで、バラエティー番組では少々浮いてしまうこともありました。しかし、お笑いスキルは申し分なく、アドリブコントなんかも得意ですよ。あとは、ナレーションの仕事も多く、ネタやひな壇とは別の部分でも才能を発揮しています」(同)

 そんな村田が期待されているのは、俳優としての活躍だ。

「Netflix限定ドラマ『火花』での漫才師役の演技は素晴らしかったと、各方面で絶賛されています。映画『牝猫たち』にも漫才師役で出演し、濃厚な濡れ場を披露。こちらもかなり評価が高い。イケメンではありますが、個性的で独特な雰囲気の持ち主なので、どんな役でもハマりそうだと、注目されているんですよ」(テレビ局関係者)

 仮にバラエティーでは久保田ばかりが活躍したとしても、村田には俳優の道があるというわけだ。

「最近のお笑い界では、フットボールアワーの後藤輝基しかり、千鳥のノブしかり、ボケよりもツッコミの方が重宝されるという傾向がある。そういう意味では、とろサーモンとしても、村田にかかっている部分は大きいはず。村田の場合は、お笑いスキルだけでなく、俳優でブレークする可能性もあるわけだから、これは大きな強みだと思います」(同)

 ラストイヤーでM-1チャンピオンをつかみ取ったとろサーモン。その未来は明るそうだ。

最終更新:2017/12/10 08:00

『M-1』王者とろサーモン ブレークのカギ握るのはツッコミ村田、業界は俳優として熱視線のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

安倍政権が負のスパイラル

今週の注目記事・第1位「安倍首相『大物秘書』...…
写真
インタビュー

売れっ子おじさん俳優・川瀬陽太の素顔

 俳優が売れるか売れないかは、大きな事務所に所属しているかどうか次第。長い間、ずっと...
写真