日刊サイゾー トップ > 芸能  > とんねるず最後まで“身内ネタ”

フジ・とんねるず『みなおか』終了発表回が5.9%の爆死……最後まで時代遅れの“身内ネタ”貫く

フジ・とんねるず『みなおか』終了発表回が5.9%の爆死……最後まで時代遅れの身内ネタ貫くの画像1
石橋貴明

 30年続いたフジテレビ系バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』が、7日放送の番組内で、来年3月の番組終了を発表した。

 番組終盤、共同テレビ社長・港浩一氏に扮した木梨憲武と、フジテレビのエグゼクティブプロデューサー・石田弘に扮した石橋貴明が登場。「30年間やってたんだけど、番組が終了しちまうんだよ」(石橋)、「えー! じゃあ、あれ、ウワサじゃなかったんですか!?」(木梨)、「タカとノリに説明しなきゃいけねえ。どうやって説明すりゃいいんだ」などとコント仕立てで発表し、最後はカメラに向かって「30年間のご愛顧、薄い頭を下げて、感謝いたします。すまなかった」(石橋)、「本当にありがとうございました。みなさんのおかげでした」(木梨)と頭を下げた。

「番組終了がリークされて以降、何かと注目されてきた『みなおか』ですが、この日の放送の平均視聴率は5.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。惜しまれるどころか、年内で終わらないのが不思議なほどの低い数字となってしまいました。ちなみに、この放送では、とんねるずやおぎやはぎがフリーアナウンサー・本田朋子の自宅を突然訪問し、手料理を振る舞ってもらうロケ企画や、セレブな有名人にまつわるエピソードを取り上げるクイズ企画が放送されました」(テレビ誌記者)

 とんねるずにとっては、現時点で唯一のレギュラーである『みなおか』。石橋は過去の同番組で、「(仕事が)なくなっちゃったら、なくなっちゃったでしょ。それは(タレントとしての)寿命でしょ。こっち側がやりたいとかというより、世間一般がNOって言ったら、それはその人の寿命でしょ。やりたくてもやれないわけだから、僕らの仕事は。来年かもしれないし、ひょっとしたら半年後かもしれないし。でもそれは寿命だから、もう甘んじて受けるしかない。『寿命か、俺の』と」などと発言していた。

フジ・とんねるず『みなおか』終了発表回が5.9%の爆死……最後まで時代遅れの身内ネタ貫くの画像2
木梨憲武

「“裏方転向説”がささやかれている石橋ですが、今のところ、テレビ局の情けで、深夜枠に石橋が司会を務めるバラエティ枠が設けられるのではないかとウワサされている。一方、木梨は来年、主演映画『いぬやしき』の公開を控えており、とんねるずとしてメディアに出る機会はなくなるかもしれません」(同)


12

フジ・とんねるず『みなおか』終了発表回が5.9%の爆死……最後まで時代遅れの“身内ネタ”貫くのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

ガーリィレコードチャンネル登場!

 テレビ的にはほぼ無名の芸人4人が、YouTubeで人気を博している。9月中旬時点で...
写真