日刊サイゾー トップ > 芸能  > とんねるず最後まで“身内ネタ”

フジ・とんねるず『みなおか』終了発表回が5.9%の爆死……最後まで時代遅れの“身内ネタ”貫く

 来年3月には、もうひとつの看板番組『めちゃ×2イケてるッ!』も終了させるフジテレビ。民放キー局の2017年4~9月期決算によると、フジテレビが唯一、営業赤字となっており、“1人負け”の状態は依然として続いている。

「2015年4月期に、昼間のニュース番組を約5時間、ゴールデン帯を43%という大型改編を実施したほか、14年には『“ヘンシン”春のフジテレビ』というキャッチコピーを掲げるなど、春にたびたび大ナタを振るってきたフジですが、来春は近年最大の大改革が予想される。『みなおか』と『めちゃイケ』の終了が早々にリークされたのも、新社長に代わってから急ピッチで新番組の準備を進めているためでしょう」(同)

「身内ネタばかり」「笑いが時代遅れ」と揶揄されながらも、今もなお自身のスタイルを貫き続けるとんねるず。フジの“とんねるず切り”は、吉と出るだろうか?

最終更新:2017/12/08 19:30
12

フジ・とんねるず『みなおか』終了発表回が5.9%の爆死……最後まで時代遅れの“身内ネタ”貫くのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

超問題作で大型新人監督がデビュー!!

 障害を抱えた兄妹が、犯罪に手を染めることで生きていく。片山慎三監督のデビュー作『岬...
写真