日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > 内柴正人、「RIZIN」から熱視線!?

元金メダリスト・内柴正人、準強姦の刑期満了で格闘技「RIZIN」から熱視線!?「事件のみそぎを……」

内柴正人

 2011年に起こした準強姦事件で懲役5年の実刑判決を受け、今年9月に仮出所していた柔道の五輪金メダリスト・内柴正人が15日午前0時、刑期の満期を迎えた。そんな内柴に、総合格闘技イベント「RIZIN」の関係者が「プロ転向を期待したい」と話している。

「知名度が高いし、総合格闘家としての素質は十分。事件のみそぎとするには、激しいプロのリングで戦うのが一番だし、世界の強豪に立ち向かってくれたらイメージを回復できる」(同)

 関係者は交渉の権限を持っていないとするが「共通の知人がいるので、個人的にも本人に興味がないか話をしてみたい」とした。

 内柴は仮出所後、アマチュア柔術大会に出場するなど、柔術家として再出発中だ。来年2月には都内で開催される「ヒクソン・グレイシー杯」にも出場する予定で、指導者の山田重孝氏も、世界大会への出場を目指す方針を掲げている。柔術は総合格闘技のベースになる競技でもあるだけに、RIZIN関係者からも注目を集めているのだ。

「来年以降の目玉として、引退した大相撲の元横綱・日馬富士とともにリングに上がってほしい」(同)

 ただ、RIZINの顔として表に出ている実行委員長の榊原信行氏や統括本部長の高田延彦が内柴にラブコールを送っている様子は見られない。

「それは、テレビ中継のスポンサーの手前」と関係者。

「内柴さんには世間的な批判も根強いので、安易に話を持ち出すとRIZINのイメージダウンになるデリケートな問題があります。テレビ視聴率がフジテレビの目標値に届いていないこともあり、スポンサーの手前、強気な言動もできないんですよ」(同)

 また、内柴自身もプロ活動に意欲を見せるような話は一切していない。柔術についても「柔術の技術を高めて柔道のスキルを上げたい」と目的を話しており、追放処分となっている柔道界への復帰に未練がある様子だ。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真