日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『先僕』心地よいラストのワケ

不完全燃焼かと思いきや心地よいラスト!『先に生まれただけの僕』そのワケは、櫻井翔の爽やかさ?

 今回に至っても序盤は恋愛色が強く、イルミネーション輝く中で鳴海がプロポーズしたシーンは、こてこてのラブストーリーを見ている気分でした。また、保健養護教諭・綾野沙織(井川遥)を交え、聡子とちひろの3人で酒を飲みながらガールズトークを繰り広げる場面は、結婚に行き遅れた女性たちが主人公の別のドラマを見ているような錯覚に陥ってしまいました。

 同シーンでの、鳴海と聡子の結婚を知った時のちひろの切ない表情、そこから一転、酔っぱらったフリをして聡子に絡んでいき、それに対する聡子の敵意を抑えようとしつつも抑えきれないバチバチ感は見ていて楽しかった。今後、泥沼の三角関係を描いたドラマで多部と蒼井の共演を見てみたいとは感じましたが、少なくとも今回のドラマに恋愛のいざこざは不要だったと思います。

 そんな恋愛騒動にガッツリ時間が割かれただけに、このまま不完全燃焼で終わるのではないかと危惧したのですが、鳴海が聡子との結婚と校長職の継続を決断後、時の経過は早かったものの後味の悪くない終わり方を迎え、逆に少し驚いてしまいました。

 気持ちの良い着地ができたのは、ラストの演出と編集の妙なのか。あるいは夏という季節と櫻井翔の爽やかさがもたらした雰囲気がそう錯覚させたのか。思い返してみると、鳴海が具体的に行った改革といえばアクティブ・ラーニングの導入ぐらいなもので、それぐらいならエリート商社マンでなくても考えつくレベルです。

 ただ、鳴海は京明館高校に赴任後、生徒たちと真正面から向き合い、その場しのぎのウソをつかず、社会経験を積んだ分ほんの少しだけ生徒たちよりも目線の高い“先に生まれただけの僕”という立場を貫いて、真摯に校長職に臨んでいたことは事実。このスタンスだけに限れば、従来の学園ドラマにはあまりなかったものだと思います。本格的な再建はまだ果たしていないものの、鳴海校長ならこの先きっとやってくれる。そんな雰囲気が画面から伝わってきたため、心地よいラストになったのではないでしょうか。
(文=大羽鴨乃)

最終更新:2017/12/23 12:00
12

不完全燃焼かと思いきや心地よいラスト!『先に生まれただけの僕』そのワケは、櫻井翔の爽やかさ?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

からし蓮根がたどり着いた熊本弁漫才

2画面左からボケの伊織とツッコミの杉本青空(撮影=荒熊流星)  ついに明日、今年のNo....
写真