日刊サイゾー トップ > スポーツ > フィギュアスケート  > 本田真凜の平昌五輪落選にガックリ

女子フィギュア・本田真凜の平昌五輪落選にテレビ界ガックリ「NHK密着ドキュメントも水の泡……」

日本スケート連盟 公式サイトより

 12月21日から24日にかけて、全日本フィギュアスケート選手権大会が行われ、来年2月に開催される平昌冬季五輪の代表選手が決定。しかし、出場が期待された本田真凜が出場を逃し、テレビ関係者が落胆している。

 今回の全日本選手権は、平昌五輪の代表選考を兼ねた大会だった。男子は優勝した宇野昌磨と2位の田中刑事に加え、今大会はケガで欠場したソチ五輪の金メダリスト・羽生結弦が代表に決定。一方の女子は、優勝した宮原知子は文句なしだったが、残り1枠を全日本2位の坂本花織と、今季のGP(グランプリファイナル)で実績のある樋口新葉が争い、坂本が代表の座を掴んだ。

 宮原は全日本を4連覇しており、今シーズンもGPファイナルの表彰台を経験。一方の坂本は17歳の伸び盛りで、バンクーバー五輪(2010年)の浅田真央(銀)以来の女子シングルでのメダルが期待できるメンバーだが、テレビ局の関係者は今回の選考会の結果に落胆の色を隠さない。民放のテレビ番組制作スタッフが語る。

「冬季オリンピックの開催時期はプロ野球もJリーグもなく、スポーツニュースは野球のキャンプ情報しか報じることがない時期。それだけにオリンピックには、どの局もかなりの時間と金と人員を割きますが、冬季五輪は夏季五輪とは違い、日本人が出ている競技しか盛り上がりません。そんな中、頼みの綱がフィギュアスケートですが、国民的な人気と実力を兼ね備えた浅田真央がいなくなった今、期待されていたのが本田真凜でした。本田はもともと、今回のオリンピック出場は厳しいと言われていましたが、9月のシニアデビュー戦でいきなり優勝し、一躍、五輪候補に名乗り出ました。妹がタレントの本田望結という話題性がある本田は、すでに数社のCMに出演しており、知名度は抜群。テレビ的に一番“美味しい”のは本田です。全日本選手権の前には、NHKも密着ドキュメントを放送していましたから、NHK的にも『できればテレビ映えする彼女に』という思いはあったのでしょう。彼女がもし代表になれば、浅田真央が五輪に出た時に姉の浅田舞がテレビに呼ばれたように、本田望結を呼べば番組が成立します。しかしそんな目論見は、もろくも崩れました」

 日本のエース・羽生はケガで選考会を欠場し、ぶっつけ本番での五輪挑戦には不安が残る。ルックス抜群の本田真凜も不出場となれば、冬季五輪はお寒いことになるかも?

最終更新:2017/12/26 20:00
こんな記事も読まれています

女子フィギュア・本田真凜の平昌五輪落選にテレビ界ガックリ「NHK密着ドキュメントも水の泡……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

イグジスタンスの画家・はくのがわ

 現在、アウトサイダーアート界隈で話題の一人の女性アーティストがいる。今、大注目の若...
写真