日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 降板した庄野数馬アナの“裏の顔”

パワハラ常習だった! 突如降板したテレビ大阪・庄野数馬アナの“裏の顔”とは――

※イメージ画像

 テレビ大阪の情報番組『ニュースリアル』などを担当する庄野数馬アナウンサーが先月26日、就業規則違反によって処分されたことが明らかになった。

 庄野アナは同日付で編成局長付となり、アナウンサー業務から外れる。理由について同局は「社内における迷惑行為」とだけ明かし、詳細は「公表を差し控えさせていただきます」とした。刑事事件に発展するような状況ではないというが、一体何があったのか……。

 同アナは先月20日に突如、キャスターを務めていた『ニュースリアル』と『金曜報道スペシャル』を降板。実はこの日、在阪のマスコミ各社に同局役員と庄野アナが処分を受ける旨が書かれた怪文書が出回っていた。書かれていたのは、庄野アナの度重なる素行不良。酔っ払って一般人と殴り合いのケンカをしたり、既婚の身でありながら相席居酒屋で若い女性をナンパしまくっていたという。

 中でも深刻なのは、後輩女子アナへのパワハラ。関係者によると「たどたどしいアナウンスをした若手を呼びつけ『よくそれでアナウンサーやってるな!』と、ネチネチやるそうです。また、女性を見下す傾向があり、気に入らない子は勝手に“アバズレ認定”していた。しかもそれを局内で吹聴するからタチが悪い。局が行った社内調査の結果、庄野アナへのクレームが数多く寄せられ、事態を重く見た上層部が処分に踏み切った」という。

 一方で、局内では、正式発表前にマスコミに情報が漏れたことを問題視。現在、怪文書を流した犯人探しに躍起になっているという。

「文書は在阪の記者クラブ加盟社だけに届いており、一部夕刊スポーツ紙や週刊誌には送られていない。記者クラブ加盟社に投げれば騒いでくれることを熟知した人物の仕業だと思われます。庄野アナのほかに、局役員の実名も書かれていたので、そのコンビから嫌がらせを受けた局内関係者がリークしたのでしょう」(同)

 現在、庄野アナは有休休暇中で、出社していない。このままテレビの世界からひっそりフェードアウトもあり得そうだ。

最終更新:2018/01/02 10:00
こんな記事も読まれています

パワハラ常習だった! 突如降板したテレビ大阪・庄野数馬アナの“裏の顔”とは――のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

瓜田純士が見た、映画『孤狼の血』

“キング・オブ・アウトロー”こと作家の瓜田純士(38)が、森羅万象を批評する不定期連載...
写真