日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 韓国珍スポ探訪記  > カオスな韓国のジュラシックパーク
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」VOL.22

恐竜からモアイ、宇宙人まで……カオスすぎる韓国のジュラシックパーク『安眠島ジュラ紀博物館』

モアイ像は序の口

「韓国のジュラシックパーク」と聞いて、胸を熱くするのは筆者だけではないはずだ。韓国と恐竜というダイナミックな要素のぶつかり合いは、いったい何を生み出すのか?

 その結果を見届けるべく、ソウルから高速バスで3時間かけて忠清南道・泰安(テアン)郡にやってきた私。ここは朝鮮半島の西端(もちろん韓国領基準)もある海辺の町なのだが、目指す安眠島(アンミョンド)へは、さらに1時間以上バスに乗ることとなる。

 日も暮れたころ到着した安眠島では、船の形をした「タイタニック」なるゲストハウスに宿泊。人の気配のしない地の果ての宿で難破船気分を味わった翌朝、タクシーに乗り込み向かった先は、ジュラシックパークのある『安眠島ジュラ紀博物館』だ。

 

入り口ではトリケラトプスがお出迎え。すでにジュラ紀とは関係ないキャラもいるが……。

 安眠島ジュラ紀博物館は、2011年7月、約1万坪の敷地に爆誕した私設博物館。メイン施設は3階建ての展示室となっており、スウワッセアの骨格、ティタノサウルスの卵、スピノサウルスの骨格など、世界的にも珍しい化石を保有する、至って真面目な恐竜博物館となっている。

 しかし珍スポトラベラーがチェックしなければならないのは、博物館から見下ろすように広がる庭園だ。そこには恐竜の模型らしきものが、所狭しと並んでいた。

そう、ここが韓国のジュラシックパークだ!

 

公園内は子どもたちでいっぱい。ていうか平日の昼、子連れでないおっさんは私だけだ。
ジュラシックパークと書いてあるから間違いない。

 体内が滑り台になっているティラノサウルスと、ガオーと叫びながら首としっぽをゆらゆら動かすブロントサウルスをメインに、さまざまな恐竜の模型や化石などが設置されている。

 上記ふたつの恐竜像は巨大なうえ、かなりリアルだが、中にはお化け屋敷に置かれていそうな、ユルすぎる造形の恐竜も……。

 さらにそれよりヤバいのは、クジラ、ゴリラ、ゾウ、サソリ、ペガサス、モアイなど、微妙に恐竜とは関係ないキャラクターがところどころに投入されていることだ。

 

これ、恐竜じゃないよね?
カモ、恐竜じゃないよね?
公園の中心には怪しげなものが。
口の中は……ぎゃあ、ホラーだ! てか恐竜は?
そして裸婦。

 まさにカオスの極み……。いや待て、一見むちゃくちゃなようだが、それぞれに「恐竜的な要素」が潜んでいるとは言えなくはないか? 巨大生物もモンスターも女体も、そのダイナミックな姿が「恐竜的」と言えなくはないか?

 そう自分に言い聞かせながら、敷地のさらに奥へと進んでいく私の前に、より恐竜とかけ離れかけた展示物が立ちはだかる。

 

ETって……。確かにスピルバーグつながりだけど!
レトロ自動車も展示。そりゃ恐竜も車も子どもたちは大好きだけど!

 もちろん「ジュラシックパーク」という看板が示していたのは、この庭園全てではないという見方もできる。それにしても「ジュラ紀博物館」のコンセプトから大きく外れ、「ま、子どもが喜べばいいんじゃないの」的に増えていったであろう、暴力的な(そして必要以上にクオリティの高い)模型の数々は、まさにダイナミックコリアの面目躍如であった。

 そこに韓国がある限り、珍スポの旅はまだまだ続きそうだ。
(文・写真=清水2000)

●安眠島ジュラ紀博物館
住所 忠清南道泰安郡南面コムソム路37-20(申温里641-3)
営業時間 9:30~17:30
定休日 月曜
入場料 大人1万ウォン
サイト  http://www.anmyondojurassic.com/html/main.html

最終更新:2018/01/04 21:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

恐竜からモアイ、宇宙人まで……カオスすぎる韓国のジュラシックパーク『安眠島ジュラ紀博物館』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太”異色”対談

 ラッパーの5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。前...
写真