日刊サイゾー トップ > 社会  > 晴海埠頭がカーセックススポットに!?

マジか? 晴海埠頭がカーセックス(?)スポットになっている!!

※イメージ画像

 夜の晴海埠頭と聞いて、人は何を思い浮かべるだろうか。そこには、決して足を踏み入れてはならない危険な香りがあるのではなかろうか。

 実に晴海埠頭は危険だというイメージが強い。かつて名作ゲーム『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』で描かれた、死体が上がるスポットのように。

 でも、そんな晴海埠頭は今や妙なデートスポットになっている。

 最近まで、確かに夜の晴海埠頭はヤバさが漂っていた。埠頭の脇には交番もあるのだけれど海に面した公園は森に囲まれた闇の世界。時折、豪華客船などがやってくるターミナルも、夜はまったくの闇に包まれているのだから。

 だが、オリンピック選手村に向けた工事によって、その風景は変わっている。今の晴海埠頭へと向かう道は、深夜でも灯りが煌々と輝いているのだ。おまけに、時折パトロールの車が走っているので治安は格段にアップしているといえるだろう。そうした安全性さえあれば、晴海埠頭は途端に素敵スポットとなる。目の前にはレインボーブリッジ。そして、サイバーパンクのような夜景が広がるのだから。

 そうした環境の変化は、次第に知られるようになっている。深夜、晴海埠頭へと向かうと、常に数台の車が何もない岩壁に向けて、車を走らせているのだ。

 そう、いつの間にか晴海埠頭は、密やかなクルマでやってくるデートスポットになっていたのである。

 岩壁のあたりまでいくと、週末には常に数台の車が。中までは見えないが、どう考えても中でカップルがいちゃついているのは容易に想像ができる。

 どうも、駐車をしやすい場所から、よい感じに交番が離れているロケーション。安全かつ車デートでイチャつく、あるいは口説くスポットとしては最良のものになっているようだ。

 今はまだ知られていないスポットゆえにか、デート中っぽい車の数が増えたとはいえ、数は限られている。東京五輪に向けた工事の進展によって、その光景も変わっていくだろう。

 今のウチに、夜の闇に生まれる非日常な空間を観ておいてもよいかも!?
(文=大居候)

最終更新:2018/01/04 21:00
こんな記事も読まれています

マジか? 晴海埠頭がカーセックス(?)スポットになっている!!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

宮島英紀の「どりこの」発掘ルポ

 我々が生きている現在は、過去の歴史の結果として存在している。小学校から大学まで続く...
写真