日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 名物編集長が“斜陽”の週刊誌業界に喝
週刊誌スクープ大賞

「講談社OBとして恥ずかしい!」名物編集長が“斜陽”の週刊誌業界に喝!

 閑話休題。「介助する僕の背中に手を回しラストダンスと戯(おど)けた妻よ」(『週刊朝日』1/5・12号の永田和宏氏と知花くらら氏との対談より)

 こんな歌が目にとまったのも、自分の老いを切実に感じているからであろう。

 昨年から、左腕が上がらなくなった。整形外科医はMRIやレントゲン写真を見て、首の神経からきているのだろうというが、クスリを飲んでいるが一向に良くなる気配がない。

 すると年末から、腰が痛みだし、歩行がやや困難になってしまった。これは貼り薬でよくなってきたが、やれやれである。

 若い頃はダンス教室に通い、ワルツやジルバ、ルンバなどをダンスホールで踊っていたこともある。

 特にジルバやルンバ、マンボが好きだった。そんなことを思い出しながら妻の背中で「ラストダンス」を踊る日も近いと思うと、同じように、部屋をヒョコヒョコ歩く老犬が愛しくなる。

 だいぶ前に、劇団四季の浅利慶太さんに、「元木君、60代と70代は違うよ」といわれた。

 浅利さんは80歳を超え、やや認知症が出てきているようだ。私も、次々に出てくる体の不具合に60代との違いを痛感する日々である。

 ところで、トランプ米大統領の暴露本が発売され、爆発的に売れているという。

 タイトルは『炎と怒り』。トランプの側近だったバノン前首席戦略官の話を中心に、200人以上を取材したジャーナリストのマイケル・ウルフ氏が書いたものだ。

 トランプ氏の弁護士が出版社に出版差し止めの通告書を送ったが、出版社側は逆に前倒しして発売したそうだ。

 トランプはこの暴露本を「いんちき本」とし、トランプの親族を批判するバノン発言を「汚いスティーブ・バノンとして知られる情報漏洩者」とこき下ろしている。

 これは暴露本ではないが、フライデーが、トランプ大統領はダイエットコーラの飲み過ぎで、認知能力が下がっている可能性があると報じている。

 アメリカ内では「ジャンクフード大統領」とあだ名がついているほど、ジャンクな食べ物が好きで、コーラは日に12本も飲むというのである。

 脳神経科学に詳しい米山公啓医師はこういう。

「今の症状を見ると、トランプ氏は『多発性脳梗塞』を発症しており、これによって口、舌、咽喉などの運動障害である『構語障害』が起きている可能性があります。さらに、脳梗塞が悪化すれば『脳血管性認知症』に罹患するリスクも十分にある。今後、性格が異常に攻撃的になったり、判断能力や認知能力が著しく低下したりするかもしれません」

 もしこれが事実なら恐ろしいことである。

 核のボタンを持った人間が認知能力を低下させたら、何が起こるのか。考えたくもない、だが、そうと思える言動や振る舞いがあることも事実である。

 これこそ世界が直面する「今そこにある重大な危機」なのかもしれない。

 トランプがいよいよ危ない。認知症うんぬんの問題もあるが、ロシアとの選挙中の関わりが、司法によって明らかになる可能性が高い。日本は早くトランプ離れをしなければ、日本もトランプの政権崩壊の渦に巻き込まれる。


123456789

「講談社OBとして恥ずかしい!」名物編集長が“斜陽”の週刊誌業界に喝!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

田中みな実の快進撃が止まらない!?

 今回取り上げるのは、田中みな実だ。かつては...…
写真
インタビュー

下ネタ大好きでも不潔なネタは嫌い…キングオブコント最下位でもオファー殺到の『空気階段』による“コントの作り方”

 今年、多くのテレビ番組に出演し、『キングオブコント』でも決勝へと駒を進めた空気階段...
写真