日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 名物編集長が“斜陽”の週刊誌業界に喝
週刊誌スクープ大賞

「講談社OBとして恥ずかしい!」名物編集長が“斜陽”の週刊誌業界に喝!

 さて、注目記事へいこう。もはや「ハンカチ王子」といわれたことさえ遠い過去のことになってしまった。

 大谷翔平や清宮幸太郎の陰に隠れ、年俸は5年連続ダウンの1,830万円(推定)。一軍最低年棒は1,430万円だというから、土壇場に追い詰められているはずの斎藤佑樹(29)だが、相変わらず、西麻布の会員制バーで、女の子を漁っているとポストが報じている。

 昨年のクリスマス前夜のこと。そこには女性7~8人と斎藤たちの姿があり、シャンパンやテキーラのボトルを開け、カラオケで歌い、「ボッボッボボッボッボッボ・勃起」の大合唱。

 午前を回り、帰ろうとした女性を斎藤が追いかけ、親密な様子で話していたが、結局、帰られてしまったという。

 もはや、制球力がなくなった斎藤だが、女性を口説く神通力まで失ってしまったのだろうか。

 星野仙一が亡くなった。享年70。まだ若い。長嶋や王が追悼の言葉をマスコミに出した。それだけではなく、多くの野球人、ファンが惜しんでいた。

 これほど悼まれる男は、星野の後は、長嶋と王だけだろう。

 私は巨人ファンだから、星野は嫌いだった。巨人が9連覇を成し遂げた時、2位の阪神は、中日と中日球場で対戦した。

 中日に勝てば阪神が優勝だった。中日星野はもちろん阪神に勝たせたい。ど真ん中に絶好球を投げても阪神のバッターは、ガチガチで打ち損じてしまった。

 その試合の最中、新幹線が球場を通って行った。中には巨人の選手たちがいた。

 結局、阪神球場での最終戦に巨人は勝ち、9連覇を達成した。

 そして翌年、10連覇を阻止したのは中日だった。

 その後、阪神監督、楽天監督になり、東日本大震災の2年後に、星野・楽天は優勝した。

 その頃だったか定かではないが、赤坂のホテルのエレベーターで星野と乗り合わせた。といっても口をきいたわけではない。

 突然、星野が崩れるようにしゃがんでしまった。苦しそうな表情だった。一緒にいた人間が抱えて、連れて行った。

 その頃から、星野は何か持病を抱えていたのではないか。

 強気で、元気のいいところしか見せなかったが、愛妻に早く死なれ、私生活は孤独の影を宿していたようだ。

 星野が亡くなって、これほど皆に愛されていたんだと知った。巨人ファンにはちょっと癪な男だったが、いなくなると寂しい男である。

 お次は競馬の話題。年末の有馬記念を制し、キタサンブラックは引退して種牡馬になった。

 ポストによれば、種牡馬の初年度の種付け料は1回50万から200万円が相場だというが、キタサンは700万円以上といわれているそうだ。

 ちなみにディープインパクトの初年度は1,000万円で、現在は3,000万円だそうだ。

 種牡馬として、その子どもが走れば種付け料も上がるが、キタサンはさほどの血統馬ではないから、私は懐疑的である。

 キタサンと組んで、48歳ながら復活をアピールした武豊だが、前人未到のJRA4,000勝にあと50数勝で到達する。

 そうなると「公営ギャンブル界初の国民栄誉賞」との声が日増しに高まっているというのである。

 だがそれを阻むのが「女癖」だという。しかし、4,000勝はとてつもない大記録である。サッカーや柔道にあげたのだから、武豊にも与えるべきだと、私も思う。


123456789

「講談社OBとして恥ずかしい!」名物編集長が“斜陽”の週刊誌業界に喝!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

“バズる学生芸人”に聞く

 今、お笑い第7世代といわれる人たちを中心にお笑いブームが盛り上がる中、それに伴い「...
写真