日刊サイゾー トップ > 芸能  > 男性アイドル戦国時代に突入か!?

ジャニーズ事務所“ネット解禁”実現で男性アイドル業界に戦国時代が到来!? 「タレント公式SNSが金を生む」

ジャニーズ

 昨年から徐々にネット媒体への露出を増やしているジャニーズ事務所。この動きが進むと、男性アイドル業界に大きな変化が起こると予測されている。

 ファッション誌業界では、今まで雑誌そのものの知名度だけで売り上げがあったため、「タレントは、知名度だけあれば大丈夫」という考えで起用していた。しかし現在、出版不況のため雑誌の知名度だけでは売れず、自ら公式SNSで発売日告知や撮影風景画像などを発信してくれるタレントを使いたいと考える編集部が増えているという。

「ウチの編集部では、“SNS発信”を必須項目として企画書に盛り込んでいます。そのためタレントのフォロワー数などは、逐一チェックしていますよ。やっぱりフォロワー数が多いタレントだと、ネット拡散も早いですからね」(ファッション誌編集者)

 また、広告業界でも同じことが起きているようだ。

「タレントが商品を公式SNSで紹介すると、その商品が検索される確率が格段に上がりますし、場合によっては“バカ売れ”なんてこともあります。現に、女優の中村アンが私服画像を投稿したら、その服が飛ぶように売れたなんて話もありました。今やタレントの公式SNSは、企業の宣伝ツールのひとつなのです」(広告業界関係者)

 さまざまなSNS利用が広がり、フォロワー数がタレントの価値を変えてしまう時代。この事態を知ってか知らずか、タレントの公式SNSを商売にしている芸能事務所もあるようだ。

「ある大手芸能事務所は、『タレントの公式SNSで発信する場合、1回数万円をもともとのギャラに上乗せしろ』と言ってきたことがありました。昔、問題になったステルスマーケティングの“進化系”っぽいと、編集部では言ってましたが……(笑)」(別のファッション誌関係者)

 最近、SNSを始めるタレントも増えている裏には、“SNSは金になる”という考えがあるようだ。

 では、ジャニーズがネット解禁を本格化したらどうなるのか。広告業界関係は次のように推測する。

「今まではネットNGということもあり、起用しない方針の企業も多数ありましたが、解禁となればオファーは増えるでしょう。やはりジャニーズのブランド力はすごいですから。さらに言うと、ジャニーズタレントのSNS利用を解禁し、広告として使えば、今の何倍もオファーが増える可能性があります」(広告業界関係者)

 さらに、男性アイドル業界に変化が起きるとの予測も。

「男性アイドルをたくさん抱えているある芸能事務所は、ジャニーズがSNSやネット関連の媒体に出られないのを知っていて、必死にウェブサイトやネット動画媒体に『ぜひ、ウチに!』と営業していましたからね。男性アイドル戦国時代の幕開けになるでしょう」(広告業界関係者)

 昨年、ジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾も、テレビ業界が忖度をする中、ネット番組出演やSNS利用で露出を増やし、退所後も新規の仕事を獲得している。今後、生き残るためには、ネットを積極的に利用していくのが鍵となるのは間違いなさそうだ。

最終更新:2018/01/22 22:00

ジャニーズ事務所“ネット解禁”実現で男性アイドル業界に戦国時代が到来!? 「タレント公式SNSが金を生む」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

 現代社会においては宗教も市場競争にさらされ、人々が自分にふさわしい考えや実践をマー...
写真