日刊サイゾー トップ > 芸能  > 梨花、40歳過ぎても悪評続く……

“裸の女王様”梨花に撮影現場から悪評続々! カメラマンに「おまえ帰れ!」と暴言も……

梨花公式インスタグラム(@rinchan521)より

  ファッションブランド『Maison de Reefur』と立ち上げ、「年商10億円」とも言われている梨花。44歳になった現在も、ファッション誌ではたびたび表紙に起用されている。彼女ほどの人気モデルになると、ファッション誌のページも、スタッフや誌面構成まで、すべて自分で決められるようになるという。そんな梨花だが、撮影現場で問題を起こしているようだ。

「ある雑誌編集者から聞いた話なのですが、彼女が選んだカメラマンなのに、撮影当日にそのカメラマンに文句をつけ、『もういい! おまえ帰れ!』と言い放ったことがあったそうです。さらに、別媒体の撮影のために、隣のスタジオに来ていたカメラマンが彼女の知り合いだったんですが、『今日のカメラマン、使えないから帰しちゃった~。(別媒体の)撮影終わったら、こっちも撮って~!』と無理やり撮影させたといいます」(ファッション誌編集ライター)

 現場では、こうした梨花の態度に、暴言を吐かれたカメラマンは震えながら逃げるように現場を去り、他のスタッフも呆然と立ちつくしてしまったそう。また、違う出版社の書籍編集者からはこんな話も聞かれた。

「1年ぐらい前に、梨花の事務所の後輩モデルのスタイルブック制作の話が持ち上がりました。最初は事務所側も乗り気でしたが、急に態度を変え、『そちらの編集部で、梨花のスタイルブックを先に作ってからじゃないと、できない』と言われました。結局、アラフォーになった梨花のスタイルブックでは、『正直、売れる気がしない』との上司の判断が下り、話そのものがなくなってしまいました。事務所側の態度の急変から推測するに、梨花が『作りたい』と言って、それを事務所が受け入れるしかなかったのかもしれないですね」(書籍編集者)

 アパレルブランドデザイナーにトップモデルにと華やかに活躍する梨花を、事務所側はすでにコントロールできなくなっているようだ。

 私生活では、2015年から息子と共にハワイに移住。自由気ままな海外生活が長くなり、謙虚さを忘れてしまったのかもしれない。彼女の“裸の女王様”状態は、いつまで続くのだろうか。

最終更新:2018/01/27 08:00
こんな記事も読まれています

“裸の女王様”梨花に撮影現場から悪評続々! カメラマンに「おまえ帰れ!」と暴言も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

瓜田、ジャニーさんの少年愛に持論

 解散、脱退、不祥事など、このところジャニー...…
写真
インタビュー

歩く伝説・山本政志監督が大作を語る

 1980年代に盛り上がったインディーズムーブメントにおいて、その中心にいた人物が山...…
写真