日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 天草エアラインの全便連続搭乗企画

驚愕の88%割引き! 乗っているだけなら1万円!! 「天草エアライン」は企画運賃をやり遂げることはできるか

天草エアライン株式会社公式Facebookより

 これは、心を決めて搭乗するしかないな。日本一小さい航空会社として知られている天草エアラインが、1日全便連続搭乗「乗るだけ運賃」なる企画を3月11日までの期間限定で開催している。

 これは、2016年に導入された新機種ATR42-600「みぞか号」の就航2周年を記念して実施されているもの。天草エアラインが保有している旅客機は、この1機のみ。これのみで、ほぼ連日「天草→福岡→天草→熊本→大阪(伊丹)→熊本→天草→福岡→天草→福岡→天草」のルートを飛行している。今回の企画は、このルートでひたすら飛行機に乗り続けたいという人を対象にしたもの。

 1日の間に天草を起点に、連続6便または、最長で8便を乗り続けた場合には、運賃が総額1万円となる。通常の普通運賃は天草→熊本間で7,800円の設定。すなわち、ざっくり概算でおおよそ88%ディスカウントという驚愕の運賃設定なのだ。

 ただし、この運賃を利用する場合には厳しい条件が。もしも、途中で連続搭乗をやめた場合には搭乗済み区間の普通運賃を支払わなくてはならない決まりになっており、その旨、誓約書へのサインが必須。

 つまり、リタイアすれば運賃は自分持ちという罰ゲームつきのチャレンジングな設定になっているのである。

 かなり体力勝負になりそうな企画。問題は、乗り心地である。このATR42-600はフランスとイタリアの合弁で開発されたプロペラ機。その乗り心地はいかほどのものか。

「かわいいを狙ったデザインは好みもあるでしょうが、足元はとにかく広い。普段LCCなんかに乗っていると驚きます。特徴的なのは、最前列にある座席でしょう。なぜか対面シートになっているんですよね……」(飛行機マニア)

 機内ではジュースやお菓子の提供もあったり、サービスは満点。とはいえ、1日を飛んだり降りたりで過ごせるかはやや不安。そこで、予約を受けつけている天草エアラインに、ホントにリタイヤすると正規運賃になるか聞いてみたが、やっぱり答えはイエス。

「すでに埋まってきている日もありますので……」

 と、早めの予約を促された。

 期間中、天草空港までは福岡や大阪からもチャレンジャーに向けた割引運賃を提供。ちょうど、JRでは3月1日から青春18きっぷの利用期間に入るので、天草までは普通列車のみで向かうという、これまたチャレンジャーなことも可能といえば可能だ。

 もし、挑戦に成功したら改めて報告したい。
(文=昼間たかし)

*追記
残念なことに、天草エアラインの1月29日付新着情報によると、この「乗るだけ運賃」は完売したとのこと。次なるキャンペーン企画に期待したい。

最終更新:2018/01/29 22:30
こんな記事も読まれています

驚愕の88%割引き! 乗っているだけなら1万円!! 「天草エアライン」は企画運賃をやり遂げることはできるかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

“新世代の三谷幸喜”上田監督が語る

「面白い!」「完全に騙された!」「感動した!」と映画ファンの間で噂を呼んでいるのが、...
写真