日刊サイゾー トップ > 芸能  > 真木よう子の「おっぱい需要」は

真木よう子、退社で「Gカップ爆乳」開帳し放題!? 過去には“全裸オナニー”や“絡み”も……

真木よう子、退社で「Gカップ爆乳」開帳し放題!? 過去には全裸オナニーや絡みも……の画像1
真木よう子

 所属事務所とのマネジメント契約が終了した女優・真木よう子(35)。業界内では、“脱ぎ仕事”への期待感が高まっている。

「かつて、スレンダーボディながら92センチの“Gカップ爆乳”という“美少女フィギュア体型”でファンを増やした真木ですが、最近は事務所の方針で露出系の仕事が激減。しかし、本人は“脱ぎ仕事”にも意欲的。退社後は自分で方針を決められますから、いわば“脱ぎ放題”です」(芸能記者)

 真木が所属するフライングボックスは30日、1月中旬にマネジメント契約を満了したことを発表。原因は「本人との考え、方向性の相違」としており、一部で報じられた“契約トラブル”については「事実に反する」と否定。「誠心誠意マネージメント業務を行ってきた」「双方とも納得しこの日を迎えました」と円満退社を強調している。

 一方、30日発売の「女性自身」(光文社)は、真木が10年以上にわたり待遇面への不満を募らせていたと報道。さらに昨年、真木が相次ぐ炎上騒動に見舞われた際、事務所が対応してくれなかったことが引き金となり、怒りが爆発したと伝えている。

「事務所は円満退社を強調しているものの、真木が事務所に不満を抱えていたのは外から見ても明らかだった。真木は昨年8月の“コミケ炎上騒動”時にも、コミケに参加を希望した理由を『女優という職業は、事務所の方針もあり、ファンクラブを自ら作る事は出来ず、故にファンイベントの様な催しは出来ない』と説明。この時点で、事務所の方針に反発していました」(同)

 真木といえば、2006年の主演映画『ベロニカは死ぬことにした』での“全裸オナニー”シーンが話題に。また、13年の主演映画『さよなら渓谷』でも大胆な濡れ場を演じ、豊満なバストをさらけ出していた。

「真木は昨年、主演ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)の撮影をドタキャンしたり、篠原涼子主演映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』を降板するなど、“お騒がせ女優”のイメージが定着。好感度がガタ落ちしてしまったため、テレビドラマではもう使いづらいでしょう。ただ、“脱げるメジャー級女優”が減った昨今、映画界における真木の“おっぱい需要”は高そうです」(同)

 爆乳に熱視線が注がれている今、真木は再起を図れるだろうか?

最終更新:2018/01/31 16:00
こんな記事も読まれています

真木よう子、退社で「Gカップ爆乳」開帳し放題!? 過去には“全裸オナニー”や“絡み”も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

「二世信者」の実録マンガ

「毒親」という言葉をご存じですか? 過干渉や...…
写真
インタビュー

原田龍二、なぜ裸のおじさんに?

 数多くのTVドラマやVシネ作品に出演する、俳優・原田龍二。芸歴26年を数えるベテラ...
写真