日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 千鳥・大悟の“女遊び”が止まらない

千鳥・大悟の“女遊び”が止まらない! 一流芸能人のようなデート&相手のランクも上がった?

千鳥・大悟

  昨年、大ブレークを果たしたお笑いコンビ・千鳥。ボケ担当の大悟に至っては、不倫騒動も巻き起こし、スキャンダル面でも注目の的となった。

「2016年12月には『FRIDAY』(講談社)に美女持ち帰りをスクープされ、さらに翌17年4月には『女性自身』(光文社)に、別の女性宅にお泊まりしている姿を報じられました。いずれもトークなどでネタにしているし、大炎上というわけではありませんでしたが、本人としてはショックで、その後しばらく女遊びは控えていたそうです」(週刊誌記者)

 しかし、不倫報道から約半年が過ぎたところで、大悟の“悪い虫”がうずき始めたようだ。

「忙しいスケジュールの合間を縫って、仲のいい後輩と、夜な夜な飲みに行っているとか。ピースの又吉直樹や三四郎の小宮浩信、とろサーモンの久保田かずのぶといった人気芸人とも、よく遊んでいると聞きます」(お笑い関係者)

 芸人仲間と飲み歩くだけなら、なんの問題もないが、どうやらそれだけでは終わらないらしい。

「たとえば大悟が後輩と2人でバーなんかで飲んでいたら、かなりの高確率で女性2人と合流するんですよ。いわゆる“カキタレ”と呼ばれるようなタイプの女性ではなく、20代半ばくらいの、ちょっとお金を持っていそうな上品な女性と遊ぶことが多いようです。『売れたことで、遊ぶ相手のランクも上がったなぁ~』なんて言われてますよ(笑)」(同)

 これまで二度も不倫を報じられていることもあって、さすがに大悟も警戒するようになったようだ。

「少なくとも、店の外で女性と一緒に歩くことはないみたいですね。会うのは、決まって隠れ家的なバーや個室の居酒屋など、人目につかない場所。店に入るのも出るのも別々。まるで一流芸能人みたいなデートですよ(笑)」(同)

 普通の芸能人であれば、当たり前のようにやっているマスコミ対策だが、大悟もやっと実践したわけだ。

「芸人さんなので、多少の女遊びは仕方ないとしても、結婚もしているので、もしも大きく報じられようものなら、今度こそ大変なことにもなりかねない。後輩たちは心配しているみたいですけどね」(同)

 三度目の不倫報道が出なければいいが……。

最終更新:2018/02/01 08:00
こんな記事も読まれています

千鳥・大悟の“女遊び”が止まらない! 一流芸能人のようなデート&相手のランクも上がった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

樹海、NY取材で見た人間の本性とは?

 ホームレスやゴミ屋敷、新興宗教などを中心に取材を続けてきた村田らむ氏と、国内外の裏社...
写真