日刊サイゾー トップ > 芸能  > 二階堂ふみ「ダサさ」封印でキャラ変

二階堂ふみ、ついに自らの「ダサさ」に気付く!? 「サブカル好き」キャラを封印か

二階堂ふみ

 数々の映画・ドラマに出演し、2月16日には主演映画『リバーズ・エッジ』の公開が控えている二階堂ふみ。その彼女が5日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に登場し、「昔は不良が好みの男性だったが、今は広くなった」「クラブ通いをやめて、飼っている犬と生活リズムを合わせていたら規則正しい生活になった」など、最近の変化について告白。23歳になり、大人になったようにも聞こえる発言だったが、これに「サブカル好きを捨てて一般ウケを狙おうとしている?」との見方があるようだ。

 二階堂といえば、盛んに“サブカル好き”をアピールしてきたのは有名な話。昨年7月30日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)では「短ランを着た不良と仲が良い」と話し、一昨年6月13日放送の『SMAP×SMAP』(同)にゲスト出演した際は、「好きなマンガは『疾風伝説 特攻の拓』(講談社)」と明かし、そのたびにネット上では、「古い(笑)」「いつの話だよ!」などと、アンチから批判の的に。また、自身Instagramに投稿する個性的なファッション写真にも、「ダサい」との声が上がったこともあった。

 これらは、彼女なりの“自己プロデュースの一環”だったのだろう。だが、ネットと同じように、業界からも“不評”の声があったことは事実。雑誌編集者は、こう明かす。

「ネットで言われているように、服装も趣味も一昔前すぎてダサかった。スタッフも影では『ダサい』とよく言っていましたよ。彼女は、意外と自分の評価を気にするタイプ。もしかしたら、自分の評判を知って、一般ウケするキャラに切り替えたのかもしれません」

 若手女優の中でも演技力の評価はズバ抜けており、著名な映画監督たちからの出演オファーが絶えない二階堂。一般ウケも勝ち取るようなら、しばらく“天下”が続きそうだ。

最終更新:2018/03/22 18:28
こんな記事も読まれています

二階堂ふみ、ついに自らの「ダサさ」に気付く!? 「サブカル好き」キャラを封印かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真