日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 世界一エロい気象予報士マンガ
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

天気予報が全然頭に入ってこない! 世界一エロい気象予報士マンガ『お天気お姉さん』

 桂子は復讐として、みち子が出演前に飲むお茶に下剤を入れるのですが……なんと、ただの下剤ではなく、動物園のゴリラ用強力下剤でした。まさに10倍返しッ! 生放送中に凄まじい便意が襲い、とうとう我慢できず●ンコを漏らしてしまったみち子は仕事が激減し、窮地に陥ります。マンションのローン返済のため、桂子の付き人として働くことになり、公私ともに奴隷のようにこき使われることに……。

 そう、桂子は自分の敵対する相手は徹底的にぶっ潰し、精神的ダメージを負わせた後、自分の奴隷にしてしまうという究極のドS気質を持つ、通称「仁義なき女」なのです。そこには、僕らの思い描くお天気お姉さんとしての清楚さや癒やしの要素が微塵も感じられないのです。

 その後も次々と「仁義なき女」桂子の前に、敵対する女たちが登場します。

 郵政省高官の父を持つフランス支局帰りの女子アナ・島森かおりは、溢れ出る才女っぷりと絶大なる親のコネクションにより、桂子を圧倒。初めて桂子が劣勢に立たされます。さらに、みち子を奴隷として奉仕させているという情報を掴んだかおりは、それをネタに、さらに桂子を追い込もうとします。

 しかし、普段は才女として振る舞うかおりも、内に秘めた溢れ出る性欲がハンパではなく、桂子に触発されて、自分自身がみち子とエロ行為に及んでいるところを桂子に隠しカメラで録画されてしまい、形勢逆転。桂子に脅される立場になります。

 次なる刺客は、元アイドルにして、売れっ子芸能リポーターの本城真奈美。人気タレントの浮気シーンなどを次々に暴き、「週刊文春」並みの活躍を見せます。そんな真奈美の次のターゲットこそが、視聴率女王・仲代桂子。桂子のスキャンダルを暴くために、徹底的につきまとうようになります。

 なかなか尻尾を出さない桂子に焦った真奈美は、チンピラを雇って桂子を襲うように仕向けますが、雇ったチンピラ同士の仲間割れで死者が出てしまいます。さらに、その一部終始を桂子に目撃されるのです。そして、弱みを握られた真奈美も桂子の奴隷に……。この作品、気がつけば桂子の奴隷ばっかりです。

 その後も電気ウナギとのバトル、婦人警察官との女子プロレスなどなど、もはや天気予報などどうでもよいスケール感で、仁義なき女・仲代桂子の絶倫パワーはとどまるところを知りません。

 というわけで、超絶ハイテンションなお天気キャスターによるエロコメディ『お天気お姉さん』をご紹介しました。以前当コラムでご紹介した、癒やし系女子アナマンガ『女子アナ七瀬』とは正反対の内容ですので、読み比べてみても面白いかもしれません。
(文=「BLACK徒然草」管理人 じゃまおくん<http://ablackleaf.com/>)

◆「ザオリク的マンガ読み」過去記事はこちらから

最終更新:2019/11/07 19:32
12

天気予報が全然頭に入ってこない! 世界一エロい気象予報士マンガ『お天気お姉さん』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

勝新太郎と横山やすしの息子

 昭和を代表する映画スターの故・勝新太郎さんと...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

 1980年代に原宿の歩行者天国で一世を風靡した「竹の子族」からインスパイアされ、...
写真