日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 大流行の散歩番組に意外な苦悩!?

大流行の散歩番組に意外な苦悩!? いつまでも溶けない都内の雪に“恨み節”のワケ

テレビ朝日系『じゅん散歩』番組サイトより

 現在、テレビ界では、『じゅん散歩』(テレビ朝日系)、『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系)、『有吉くんの正直さんぽ』(フジテレビ系)など、散歩番組が大流行。各局で制作費節減が叫ばれる中、街をぶらぶら歩くだけの番組は経費節減の優等生だが、スタッフが悩まされているのが「雪」だ。

 今冬は全国的に雪が多く、山形県では4メートルを超える積雪を記録する地域も。東京23区でも1月22日に23センチの積雪があり、日陰には、いまだにその雪が残っている。散歩番組は出演者と素人たちのやりとりが見どころだが、どうしても画面に映り込んでしまう道路脇の雪に、関係者は舌打ちしている。テレビ情報誌の記者が語る。

「通常の散歩番組は、ロケをしてから放送されるまでに1週間以上はかかるもの。『じゅん散歩』は、ロケから放送までに1カ月以上かかっているので、今撮影すると、3月半ばに“雪の東京”を放送することになります。仮に雪が映ってしまえば、『ずいぶん前に撮影してるんだな』ということが視聴者にバレてしまいます。あまりに季節感がズレているのはNGです」

 いつ撮影していようが、番組が面白ければそれでいいような気もするが、あまりに前に撮影したものだとわかると、視聴者が白けてしまうのだとか。『じゅん散歩』に限らず、ロケ番組に雪は大敵だ。番組制作の関係者は明かす。

「散歩番組には、大きく分けて2つのパターンがあります。1つは本当にガチで散歩するもの、もう1つは予め台本があって、それに沿って“散歩している風”に進めるものです。例えば、散歩番組の老舗の『ぶらり途中下車の旅』(日本テレビ系)は後者の代表で、そもそも番組は出演者が1日で旅をする作りになっていますが、実際は撮影に数日かかっています。だから番組をよく見ると、途中で雨が降ったりやんだりする回もあります。ロケ番組は天気予報とのにらめっこですが、何日か撮った後に雪が降ったら、辻褄を合わせるのは大変でしょうね。ましてドラマだったら、スタッフが雪かきをさせられたり、撮り直しになったりすることもあるでしょう」

 お気楽に見える散歩番組だが、裏にはさまざまな苦労が潜んでいるようだ。

最終更新:2018/02/19 10:00
こんな記事も読まれています

大流行の散歩番組に意外な苦悩!? いつまでも溶けない都内の雪に“恨み節”のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

ジャニー氏、甲子園美談に事実誤認

「ジャニー喜多川氏、死去」のニュースから1週...…
写真
インタビュー

酒井萌衣が語る48とアイドル界

 今や、国内だけで300人を超える巨大組織となった48グループ。その公式ライバルとして...…
写真