日刊サイゾー トップ > 芸能  > ローラの事務所が“困ったちゃん”! 

ローラと大モメ中の事務所が“困ったちゃん”すぎ!? 「事務所側の都合で海外撮影になったのに滞在費請求」のトンデモ過去も

LIBERA公式ホームページより

 モデルのローラと奴隷契約問題で大モメし、契約内容の一部が報道された際、「ブラックだ!」と世間から批判の的となってしまった芸能事務所のLIBERA。実はこの事務所、所属タレント以外ともしばしばモメているのだという。その一部始終を、雑誌ライターのAさんが語る。

「ローラがロサンゼルスに滞在中ということで、『ロサンゼルスに来てもらえれば、撮影できる』とLIBERA側から言われ、その条件をのんで渡米しました。帰国後、数日してLIBERAから連絡が来て、ローラの都合でロサンゼルスでの撮影になったのにもかかわらず、『ローラ側の撮影期間中の滞在費用を払え』と言ってきて驚きました。普通ならありえませんからね……」

 編集者側が“海外で撮影したい”と、タレントを連れていくというならわかる。しかし、タレントの都合に付き合わされ、仕方なく海外での撮影になったにもかかわらず、「なぜ費用を?」と思ってしまうのも無理はない。やはり、Aさんも「これは、おかしい!」と思ったようで、ある行動をとったそうだ。

「すぐに、同じ時期にロサンゼルスで撮影した他の雑誌媒体編集者に確認したんです。すると、『え!? なにそれ? こっちの編集部はLIBERAからそんな要求されてない』と驚いた様子で答えたので、その瞬間『ああ、これはLIBERAにふっかけられたな』と確信しましたね。結局、『ローラさん側の都合でロサンゼルスでの撮影になりましたよね?』『他の媒体にも要求しているんですか?』といろいろ突っ込んだら、もうダメだと思ったのか、あっさり『じゃ、いいです~。次回のオファーからは頂きますね~!』とLIBERA側は引き下がったんですよ(笑)。この一件とローラさんの問題も重なり、付き合いきれない“困ったちゃん”だと判断して、その後はオファーしてないです」

 あっさりと引き下がったかと思いきや、「次回は取る」と宣言するとは驚きだ。あまりそういうことばかりしていると、所属タレントだけではなく仕事相手からも総スカンを食らってしまうかも!?

最終更新:2018/02/23 19:00
関連キーワード

ローラと大モメ中の事務所が“困ったちゃん”すぎ!? 「事務所側の都合で海外撮影になったのに滞在費請求」のトンデモ過去ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

安倍首相、東京五輪決行の動機

今週の注目記事・第1位「三浦春馬の絶望」(『...…
写真
インタビュー

『i-新聞記者』忖度とどう闘う?

<前編はこちらから>  11月15日(金)公開のドキュメンタリー映画『i-新聞記者ド...
写真