日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > マグロ漁師特番で判明した強みとリスク

『マグロに賭けた男たち』で判明した“素人密着モノ”の強みとリスク

テレビ朝日系『マグロに賭けた男たち2018~あの悲運の漁師は?極寒の死闘SP~』番組サイトより

 2月18日にテレビ朝日系で放送されたマグロ漁師密着ドキュメント『マグロに賭けた男たち2018~あの悲運の漁師は?極寒の死闘SP~』が、並み居る強豪を前に11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の視聴率を獲得。“素人密着モノ”の強さを見せつけたが、現場では素人ならではの苦労もあるようだ。

『マグロに賭けた男たち』は、マグロの一大ブランドである「大間のマグロ」の漁師に密着したドキュメント番組。同シリーズはすでに15年近くの歴史を持つ長寿人気シリーズだが、18日放送は苦戦が予想されていた。テレビ情報誌記者が語る。

「“悲運の漁師”と呼ばれる山本さんを中心とする『マグロに賭けた男たち』ですが、今回は、『イッテQ!』(日本テレビ系)、『平昌五輪 スピードスケート女子500m決勝』(TBS系)、『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)と、裏番組が超強力だったので、数字は伸び悩むものと思われました。ところがフタを開けてみれば、11.5%とキッチリ2ケタを取ったのは立派です。視聴者にとっては、似たようなタレントが似たような内容のことをやるバラエティよりも、計算ができない素人の方が面白いのでしょう。素人密着モノの強さを見せつけられました」

 ジャンルは異なるが、かつての『痛快!ビッグダディ』シリーズ(テレビ朝日系)や、日テレがおよそ20年にわたって密着した“石田家“(『7男2女11人の大家族石田さんチ!』)といった大家族モノは、低迷するテレビ局にとって救世主的な高視聴率番組。ビッグダディなどは、一時はタレントとして引っ張りだこだったが、時には素人ならではのトラブルもあるようだ。番組制作スタッフが語る。

「マグロドキュメントは、複数の局がやっています。漁師には当然ギャラを払っていますが、慣れてくるとギャラ交渉をするようになるんですよね。芸能人と違ってテレビ局になんのしがらみもないので、『じゃあもう出ないよ』みたいな(笑)。大食い番組では、あるチャンピオンが別の局の大食い番組の引き抜きにあってあっさり他局に移り、“永久出禁”になりました。大家族モノでは、かつて、家族の1人が警察沙汰を起こして、撮りためたテープが全部お蔵入りになったものがあります。また、子どもの1人が事件を起こして更生施設に入った別のケースでは、『全寮制の学校に入った』と説明して乗り切ったそうです」

 つまらない芸能人にバカ高いギャラを払うぐらいなら、アクの強い素人の方がよっぽど面白いが、“ハイリスク・ハイリターン”なのは間違いないようだ。

最終更新:2018/03/02 12:00
こんな記事も読まれています

『マグロに賭けた男たち』で判明した“素人密着モノ”の強みとリスクのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

Twitterでチケット転売はアリ?ナシ?

 6月に施行される「チケット転売規制法」を、弁護士法人ALG&Associates山...
写真