日刊サイゾー トップ > 芸能  > 石川梨華が加護亜依を「辻の片割れ」呼び!

元モー娘。石川梨華が加護亜依を「辻の片割れ」呼び! 「仲間だったのにショック!」「名前ぐらい呼んで」と物議

石川梨華公式ブログより

 1998年にメジャーデビューし、一躍人気女性アイドルグループとなったモーニング娘。。最近では卒業したOGたちが集まり、バラエティ番組や音楽番組に出演することも少なくない。そんな彼女たちが2月28日深夜放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)にゲスト出演。モーニング娘。時代のエピソードが放送され、当時のファンにとってはうれしい放送になった……と思いきや、石川梨華のある発言がファンの間で物議となっていたのだ。

 番組中、南海キャンディーズ・山里亮太の「辻ちゃん加護ちゃんが、たいぶ暴れん坊だったイメージがある」という発言から、話は当時最年少だった辻希美・加護亜依のエピソードに。その際、石川は2人がまるで双子のようで、辻が「お腹痛い」と言い出したら加護も「お腹痛い」と騒ぎ始めた、というエピソードを披露。しかしこの時、石川は加護の名前を出さず、「辻の片割れ」と発言したのだ。

 この石川の発言は、放送直後から視聴者の間で物議を醸した。芸能ライターは「『事務所を辞めているから加護ちゃんの名前言えないのはしょうがない』という石川さんを擁護する発言がある一方で、『加護ちゃんを“辻ちゃんの片割れ”って……名前ぐらい言ってほしかった』『片割れって……仮にも仲間だったんだからさ!』と不快感を露わにしている声もありました」と明かす。

 加護といえば、未成年だった2006年に都内のレストランで喫煙しているところを「FRIDAY」(講談社)にスクープされ、謹慎処分に。さらに翌年、「週刊現代」(同)で旅行先での喫煙疑惑を報道し、当時の所属芸能事務所を解雇されたという過去がある。そういう経緯もあってか、石川は加護の名前を言わないようにと事務所側に気を使ったのだろうか。

 加護は、これまで一人での出演はあっても、モーニング娘。メンバーとの共演はないのが現状。今回の“片割れ”発言から推測するに、ファン待望の共演は、まだ実現しそうにもないようだ。

最終更新:2018/03/02 23:00

元モー娘。石川梨華が加護亜依を「辻の片割れ」呼び! 「仲間だったのにショック!」「名前ぐらい呼んで」と物議のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真