日刊サイゾー トップ > 芸能  > 石田ゆり子の人気にAV界も便乗中!?

石田ゆり子の人気にAV界も便乗中!?「彼女をイメージしたような熟女女優」が続々……

『Lily ――日々のカケラ――』( 文藝春秋)

 一昨年のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で好演して「カワイイ」と評判になった女優の石田ゆり子の人気が止まらない。

 先日、明治安田生命が発表した、新社会人を対象にした「理想の上司ランキング」では深田恭子、真矢ミキ、米倉涼子らを抑えて堂々5位に入った。さらに1月にはフォトエッセー『Lily──日々のカケラ──』(文藝春秋)を発売し、その発行部数が20万部を越えたというから驚きだ。

「いまや1万部出れば大成功と言われる出版業界で、この数字はすさまじいです。人気の理由は、50歳近くでいい具合に枯れていてキュートでカワイらしさが全開であるというところです。それでいて肩肘張らない自然体で、なんともいえぬ哀愁とエロさを醸し出している。その人気は高く、AV業界では石田ゆり子さんをイメージしたような熟女女優がたくさん出てきていて、少なからず影響を与えているくらいですよ」(芸能関係者)

 さらにそそられるのは、あれだけの美貌を持ちながら、いまだ独身を貫いているという点だ。前出の芸能関係者は「都内の高級住宅地に豪邸を建てて、優雅にお一人様暮らしを満喫しています。その余裕もにじみ出ているからか、同性からも支持を得ているようです。また食事友達がイケメン俳優や年下のアイドル、スポーツ選手、大物芸能人ではなく、俳優のムロツヨシというところも気取らない性格が表れていて、庶民的だと評価が上がっているポイントですよ」と話す。

 木村拓哉主演の連続ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)では厚生労働大臣立原愛子役がハマり、高視聴率に貢献。SMAPが解散して正念場だった木村の危機を救ったともいわれている。

 男性たちを癒やす存在でありながら、女性には憧れられる存在となった石田。スキャンダルなどに巻き込まれない限り今後もますますの活躍は間違いなさそうだ。

最終更新:2018/03/12 10:00
こんな記事も読まれています

石田ゆり子の人気にAV界も便乗中!?「彼女をイメージしたような熟女女優」が続々……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

姫乃たま×河崎実対談!! ファンも絶句した『シャノワールの復讐』の衝撃

 棒のように生きる男の生き様を描いた『棒の哀しみ』(94)という、神代辰巳監督の晩年...
写真