日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > キムタク『BG』に物語は必要ない!?

17.3%有終の美! 木村拓哉『BG』が突きつけた「もうドラマに物語は必要ないのか」問題

■「キムタクは何を演じてもキムタクか」という問い

 

 最終回を前に、Yahoo!ニュースのトップに「キムタクは何を演じてもキムタクという誤解」とかなんとかいう長文の記事が出ていました。

 しかし、今回に限って言えば、そんな問いは成立しません。なぜなら、もともと『BG』が、キムタクに「島崎章を演じてほしい」というオーダーを出していない状態だからです。むしろ、キムタクはキムタクのパブリックイメージのまま、山口智子と再会してほしい。YAZAWAと邂逅してほしい。ちょっと情けないセリフを吐いてほしい。キメるところをキメてほしい。そういう要請をされた仕事だったのです。

 その要請をしたのがテレ朝なのかジャニーズなのか、そんなことは知りません。ただ、本当に島崎章を描こうとするなら、山口智子やYAZAWAの存在は邪魔なんです。菜々緒や斎藤工や間宮祥太朗を掘り下げるべきなんです。江口洋介にしっかり筋を通させて、上川隆也を無駄死にさせないべきなんです。せっかく『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)でスターシステムから脱却しかけたキムタクにとって(最終回レビュー)、『BG』は俳優として明らかな“後退”になったと思います。

『BG』の正体は、ただのキムタク・ショーケース。いわゆる「ドラマ」と呼ばれるテレビプログラムとは別のコンテンツでした。キムタクは島崎章を演じさせてもらえませんでした。

 そうしたコンテンツが「ドラマ」と称されて放送され、17%の視聴率を獲得する。ここで全話にわたって「脚本がいかんよ、脚本が」と書き続けても、「キムタクを貶めたいだけだろ」と言われてしまう。脚本で頑張ってる作品は、全然数字が取れないし話題にもならない。

「ドラマが物語を必要としない時代」って、なんだか「スパゲティがパスタを必要としない時代」というくらい突飛なトートロジーだけど、意外に現実になってきてるのかもしれませんね。こわーい。
(文=どらまっ子AKIちゃん)

最終更新:2018/04/02 15:29
12
こんな記事も読まれています

17.3%有終の美! 木村拓哉『BG』が突きつけた「もうドラマに物語は必要ないのか」問題のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

瓜田、ジャニーさんの少年愛に持論

 解散、脱退、不祥事など、このところジャニー...…
写真
インタビュー

樹海、NY取材で見た人間の本性とは?

 ホームレスやゴミ屋敷、新興宗教などを中心に取材を続けてきた村田らむ氏と、国内外の裏社...…
写真