日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 30年毎日焼酎を飲み続けた男の末路

まるで超人ハルク……13歳から30年間、毎日1リットルの中国焼酎を飲み続けた男の末路

耳の下あたりから肩にいたるまで、まるでマフラーを巻いているかのように腫れ上がっている

 過度なアルコールの摂取については、さまざまな弊害が知られているが、中国では長年の飲酒のせいで、まるで超人ハルクのような体形になってしまった老人が話題となっている。

 その人物は、湖南省長沙市にある人民医院に入院している譚さん(68歳)。その写真を見ると、首の部分が顔よりも大きく腫れ上がっており、一見するとジムで鍛え上げたマッチョマンのようだ。しかし首から下は老人然とした体形であり、実に不釣り合い。

 それもそのはず。譚さんの首を太くしているのは筋肉ではなく、脂肪の塊なのだ。

 主治医によると、彼が患っているのは多発性対称性脂肪腫症という病気だ。この病気は、世界中に400例ほどしかなく、そのうち200例が中国内で報告されている。そして症例の多くで、アルコールの過剰摂取との関連が指摘されているという。

脂肪腫は首以外にも。一件、筋肉のようにも見えるが、すべて脂肪だという

 ニュースサイト「光明網」などによると、譚さんもその例に漏れず、13歳のころから飲酒を始めており、40歳のころから今まで30年間近く、アルコール度数の高い中国の焼酎「白酒」を毎日1リットルほど、水のように飲んできたという。

 そんな譚さんが、上半身に複数のしこりができていることに気が付いたのは、今から20年ほど前のこと。そして2011年ごろには、首に集中してできたしこりが大きな塊となり、現在のような超人ハルク状態になってしまったのだ。

 譚さんはそれ以来、たびたび病院を訪れ治療を希望したというが、そのたびに医師から「まだ心配しなくていい」と言われたという。しかし昨年から呼吸困難や食べ物がのどを通らないといった症状に悩まされるようになり診察に訪れたところ、いよいよ治療が施されることになったのだ。

 主治医は、脂肪吸引などにより首まわりの脂肪腫を取り除く措置を検討しているという。しかし譚さんが飲酒をやめなければ再び脂肪腫が発生する可能性が高いといい、断酒も不可欠となるようだ。

 何十年も水のようにアルコールを摂取していた者にとって、これが一番つらい治療かもしれないが、譚さんにはぜひとも健康的な生活を取り戻してもらいたい。

最終更新:2018/03/23 18:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

まるで超人ハルク……13歳から30年間、毎日1リットルの中国焼酎を飲み続けた男の末路のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

チュート徳井、巨額脱税で芸人生命終了へ

”板東英二超え”の巨額申告漏れで、売れっ子芸人がテレビから消える!?
写真
人気連載

瓜田純士、田代まさしに去勢を提案!?

 マーシーこと田代まさし容疑者(63)が、覚...…
写真
インタビュー

ジャイアント白田を直撃!

 大食い番組全盛時代、フードバトルでモンスターと恐れられた男、ジャイアント白田。なぜ...
写真