日刊サイゾー トップ > 芸能  > 吉本興業、ケチくさい経費削減が開始?

一発屋芸人すら出てこない! 懐事情が寂しい吉本興業、ケチくさい経費削減が始まる?

吉本興業 公式サイトより

 ここ数年、急激にブレークした芸人といって思い出されるのは、サンシャイン池崎やブルゾンちえみなど、ワタナベエンターテインメント所属のピン芸人ばかり。お笑い帝国・吉本興業の芸人はというと、そこまで派手にブレークしていないのだ。

「ここ3~4年でいうと、とにかく明るい安村、トレンディエンジェル、横澤夏子、おかずクラブなど、吉本のブレーク芸人はそれなりにいますが、社会現象になるほど売れた芸人はあまりいません。それこそ、レイザーラモンHG、ムーディ勝山、エド・はるみ、世界のナベアツといった10~15年前くらいの一発屋芸人と比べると、爆発力が足りないですね」(放送作家)

 HGが大ブレークしていた時期は、ヘリコプターで移動したというほど忙しかったという。

「あの当時はお笑いブームで、一発屋芸人が生み出す利益は半端じゃなかった。当時は吉本も相当儲けていましたが、最近はそういった金になる一発屋がいないせいで、懐事情もどんどん寂しくなりつつあるようです」(同)

 実際、吉本内部では細かいところでの経費削減も始まっているようだ。

「外部に発注していた仕事を社内でまかない、外注費用を削減しているのだとか。たとえば、芸人のグッズの写真なんかも、以前はフリーランスのカメラマンを使っていたところを、最近では社員カメラマンで撮影しているようですよ。確かに、社員にしたほうが費用は少なくて済むのでしょうが、ちょっとケチくさいですよね」(テレビ局関係者)

 金回りが悪くなってきたからか、吉本の影響力も徐々に小さくなっていきているという。

「吉本関連番組の制作発表記者会見なんかがあると、以前は吉本の社員が大きな顔をして仕切っていたのに、最近ではテレビ局主導になることが増えているようです。人気芸人も減ってきているし、お金がそこまであるわけでもないしで、局に対して強く出ることも難しくなっているのでしょう」(同)

 停滞期を迎えている吉本興業。そろそろ一発屋芸人を出さないと、本当にナベプロにしてやられるのでは?

最終更新:2018/03/26 10:00
こんな記事も読まれています

一発屋芸人すら出てこない! 懐事情が寂しい吉本興業、ケチくさい経費削減が始まる?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

瓜田、ジャニーさんの少年愛に持論

 解散、脱退、不祥事など、このところジャニー...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが...…
写真