日刊サイゾー トップ > 芸能  > 福山雅治が「安い仕事」を始めた?

福山雅治が「安い仕事」を始めた? 結婚による人気低下で「B級アクション」「島と一体化」など“なんでもござれ”状態に

YouTube「青いぜ!長崎BLUEISLANDSPROJECT」チャンネルより

 長崎県の観光PR動画『体感、長崎の島。』に、歌手で俳優の福山雅治が登場した。動画の中で福山は、五島列島の名所と一体化、岩や海に福山の顔がはめ込まれ、各所の魅力を語るという、少々シュールな内容となっている。

 長崎県出身の福山が地元のために一肌脱いだわけだが、この動画に対し、芸能事務所幹部はこんな違和感を抱いているという。

「福山雅治といえば、日本を代表する人気者。本人は気さくで面白い方ですが、所属事務所のアミューズは、“福山ブランド”をものすごく大切にしていて、あまり安い仕事はさせていなかったはずです。この長崎県の動画についても、地元を応援するということは問題なくても、本人が島になるという演出については、福山のイメージとはちょっと離れていて、これまで守ってきた“福山ブランド”を覆すものであると思います。こういう仕事もするようになったのかと、ちょっと驚きましたね」

 この動画だけでなく、ここ最近の福山は、これまでとは少々異なるタイプの仕事に挑戦している。

「2017年にはジョン・ウー監督の中国映画『マンハント』に主演しています。これは高倉健主演『君よ憤怒の河を渉れ』のリメイクですが、その内容はというと、いわゆるB級アクション映画であり、これも福山のイメージにはないものでした」(スポーツ紙記者)

 さらに、3月21日には民放ラジオ101局特別番組『福山雅治・菅田将暉のWE LOVE RADIO!~ラジオだから話せることがある。ラジオだから出来ることがある。~』に出演。菅田将暉と特別ユニット「菅田雅治」を結成し、福山のヒット曲「milk tea」セッションした。

「あくまでも大先輩・福山と、後輩・菅田、という関係性ではありますが、現状での人気や勢いを感じると、やはりメインは菅田といった印象を抱く人も多い。いわば、福山は引き立て役になっているわけで、これまでならあり得ない共演だったと思います」(同)

 過去のイメージをかなぐり捨てるかのように、さまざまな仕事に取り組むようになった最近の福山。一体どんな事情があるのだろうか? 前出の芸能事務所関係者は、こう話す。

「吹石一恵と結婚したことで、如実に人気が低下したのでしょう。独身時代は、かっこいいイメージを保つことで、熱心な女性ファンを確保できたけど、結婚により、それができなくなった。だから、今までとは異なる客層にアピールするためにも、さまざまな仕事にチャレンジしているのだと思います。もともと福山は、好奇心旺盛でいろいろな仕事をやりたがるタイプでしたが、イメージを重視する事務所の戦略で、泣く泣く断ることになっていた仕事も多かったと思います。なので、この路線変更は、福山本人にとっては、うれしい展開なのではないでしょうか」

 いわば、結により“安い仕事”も引き受けるようになった福山。イメージは崩れるが、本人のモチベーションは上がりそうだ。

最終更新:2018/03/25 10:00
こんな記事も読まれています

福山雅治が「安い仕事」を始めた? 結婚による人気低下で「B級アクション」「島と一体化」など“なんでもござれ”状態にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

ジャニー氏、甲子園美談に事実誤認

「ジャニー喜多川氏、死去」のニュースから1週...…
写真
インタビュー

姫乃たま×河崎実対談!! ファンも絶句した『シャノワールの復讐』の衝撃

 棒のように生きる男の生き様を描いた『棒の哀しみ』(94)という、神代辰巳監督の晩年...…
写真